ホーム > 組織・政策 > 基本政策 > 検査・監察部のページ


ここから本文です。

検査・監察部のページ

新着更新情報

「農林水産省協同組合等検査基本要綱」等が改正されました。(平成28年4月1日付け)改正の概要(PDF:43KB)New

「検査・監察部の1年間の研修実績」を掲載しました。New

「農協検査(3者要請検査)結果事例集」を掲載しました。(平成28年2月12日付け)

「預貯金等受入系統金融機関に係る検査マニュアル」が改正されました。(平成28年1月28日付け)改正の概要(PDF:43KB)

「共済事業実施機関に係る検査マニュアル」が改正されました。(平成27年12月8日付け)改正の概要(PDF:83KB)

「農林水産省協同組合等検査規程」等が改正されました。(平成27年10月1日付け)改正の概要(PDF:43KB)

「預貯金等受入系統金融機関に係る検査マニュアル」が改正されました。(平成27年6月26日付け)

「商品先物検査基本方針及び検査基本計画」が改正されました。(平成27年6月1日付け)

「商品先物取引業者等検査マニュアル」が改正されました。(平成27年6月1日付け)

検査・監察部について

 1. 検査・監察部の役割

平成23年9月、行政検査の透明性や客観性を確保する観点から、公的団体や卸売市場、商品先物取引に関する検査業務が指導部局から分離され、検査部局に集約されました。これに伴って、従来の「協同組合検査部」を再編し、「検査部」が発足しました。
平成27年10月、効率的かつ効果的な検査の実施体制を構築する観点から、地方農政局の検査業務を本省に一元化しました。
また、省内組織に対する会計監査業務、行政監察業務を併せて検査部局に集約しました。これに伴い、従来の「検査部」を再編し、「検査・監察部」が発足しました。 

 2. 検査の対象

検査・監察部による検査は、農業協同組合法等の法律に基づき、(ア)農協、森連及び漁協の系統組織、(イ)農業・漁業共済及び漁船保険団体、(ウ)土地改良区等、(エ)中央卸売市場の卸売業者等、(オ)商品先物取引業者等などを対象として実施されています。

 3. 検査の内容

(1)検査の際には、全ての検査対象団体に共通する視点として、(ア)法令等の遵守状況(合法性)、(イ)事業目的への合致状況(合目的性)、(ウ)業務・会計の経済性の観点から妥当性(合理性)についての検討を行っています。

(2) また、検査の実施に当たっては、事前に指導監督部局から情報を収集するとともに、検査対象に対する指導監督の方向にも応じた検査重点事項を設定するなど、指導部局と緊密に連携することにより、検査対象団体の経営の健全性や業務運営の適正性の確保に資する検査を実施しています。

訓令・通知・検査マニュアル等

検査に関するご意見受付はこちら

お問い合わせ先

大臣官房検査・監察部調整・監察課
ダイヤルイン 03-3502-6386
FAX 03-3508-2256

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図