このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農業者の取組紹介(フェイスブック)

元気な農業者シリーズ 株式会社 杜若園芸(とじゃくえんげい)

みなさんこんにちは。近畿農政局で担い手育成を担当しています溝上と中村と申します。今回は、元気な農業者シリーズとして、京都府城陽市で水生植物の生産・販売を行っておられる(株)杜若園芸(とじゃく園芸)さんをご紹介します。

6月の梅雨入り直前のある日、私たちが事務所を訪問したところ、若手の社員の方が中心になり水生植物の出荷作業をテキパキと行っておられる真最中でした。

事務所に併設された直売所(水生植物だけでなくメダカの入った水槽もある!)で、岩見代表取締役から、今の時期が年間で最も忙しく、パートの方も併せて50名の社員で対応しているとお話を伺いました。

また、なにげなくこちらから金魚を自宅で飼っている話をすると、水草はどこのホームセンターで買ったものですかと問われ、近畿管外のとある店舗の名前を口にしたところ、こちらで生産、出荷されたものとのこと。

普段購入している水生植物のほとんどが、京都府の都市近郊で生産され、幾多のホームセンターを通じて届けられていることに大変驚きました。

それだけではありません。メダカを飼育されている方をターゲットにした商品(例えば、『メダカ喜ぶ水草』という商品、文字通り、メダカが喜ぶそうです)も手がけるなど、500種類を超える水生植物の生産技術とインターネットを通じた直接販売網を土台にして、顧客の声をフィードバックし、企画していく体制が整備されています。

個人経営から企業経営となって、この分野をリードする(株)杜若園芸さんの取組をお聞きし、農業の裾野の広さと時代のニーズに応じた商品の企画・生産・販売が経営発展につながると感じました。

株式会社杜若園芸のホームページはこちら→http://www.tojaku.co.jp/(外部リンク)


 

お問合せ先

経営局経営政策課

担当者:広報担当
代表:03-3502-8111(内線5152)
ダイヤルイン:03-6744-0576
FAX番号:03-3502-6007