このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「シリーズ【地域を担う農業委員・農地利用最適化推進委員の活動】」

【地域を担う農業委員・農地利用最適化推進委員の活動】島根県松江市から活動事例紹介

皆さんこんにちは、農地政策課です。
今回は、中国四国農政局から松江市農業委員会についてご紹介致します。

松江市は、コメを中心に野菜類や畜産、特産の牡丹等が盛んな地域ですが、農業従事者の減少・高齢化等による遊休農地の増加、農地の分散等により、早急な農地の利用集積が課題となっています。 

松江市農業委員会は、本年7月24日に新体制に移行し、農業委員は37名から19名へ減少したものの、農地利用最適化推進委員45名が新たに委嘱され、計64名の体制となりました。

当委員会では、農地利用の最適化に向けた活動に速やかに取り組み、また、成果を上げるため、新体制に移行する半年前から独自に準備を進め、全40ページに及ぶ「最適化活動マニュアル」を作成しました。

マニュアルは、農地利用の最適化の活動ごとにスタートからゴールまでフロー形式で解説し、委員自身が今は活動のどの段階(ステップ)にいるのか一目で分かるようになっています。さらには、ステップごとに具体的にどのような活動をしたらよいか、どこへ連絡・相談すべきかの解説を加え、新任の委員にも容易に活動に取り組める内容となっています。ベテラン委員からも「よく分かる」と太鼓判付きです。

早速8月からは委員全員が一丸となって、マニュアルを活用しながら、農地利用状況調査や、農業者を個別訪問して今後の農地利用の相談をするなど、意欲的に活動しています。

実際に現場で活動する委員目線で作成されたこのマニュアル。8月下旬に実施された島根県内の研修会で資料として提供され、他の委員会のお手本にもなっています。今後もブラッシュアップを続けて、より良い活動を目指していくそうです。

農地利用の最適化に向けて、モチベーションを高く持って取り組まれている松江市農業委員会。今後なお一層のご活躍を期待しております。

(写真は、農業委員会の活動の様子)



お問合せ先

経営局農地政策課

代表:03-3502-8111(内線85344)
ダイヤルイン:03-6744-2150
FAX番号:03-3591-5866