このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

「シリーズ【新たな担い手!企業が拓く未来の農業】」

【新たな担い手!企業が拓く未来の農業】株式会社OkuruSkyの活動紹介

皆さんこんにちは!すっかり秋も深まり、美味しい海の幸、山の幸が食卓を賑わす季節となりました。

さて今回は、世界農業遺産にも登録されている「能登の里山里海」から、醸造用ブドウを生産する、(株)OkuruSky (オクルスカイ)を紹介させていただきます!

OkuruSky は、もともとは石川県内で建設業を営んでいましたが、平成23年に石川県穴水町の中山間地域で遊休農地を借り入れ、農業に参入しました。これまでに5.6haの遊休農地を解消して、穴水町で造られる「能登ワイン」の原材料となる醸造用ブドウや野菜等を栽培しています。また、「ワインと一緒に手にしたくなる」をコンセプトにした加工品ブランド「HITOTSU(ひとつ)」を立ち上げ、自社生産のブドウや野菜、さらには能登産を中心とした野菜・果物などを使用したジャムやピクルスなど、こだわりの一品を製造・販売しています。

さらに、OkuruSkyでは醸造用ブドウ生産を中心としながら、魅力ある地域づくりを展開しています。その一環として、地域内の旧校舎を活用した宿泊施設や体験農園の運営をはじめ、平成27年には、能登の食材を用いた日替わりランチや、「HITOTSU(ひとつ)」の加工品、能登ワインなどの国産ワインが味わえるカフェ「RYUCRU(リウ・クリュ)」をオープンしました。また、旅行会社と連携し、ブドウ畑でワインの試飲イベントを開催するなど、訪れた方々に「美味しい」「楽しい」「美しい」能登を満喫していただけるよう、日々いろんなことにチャレンジされています!

OkuruSky代表の村山さんは、OkuruSkyの「オクル」は「贈る」。次世代に贈り、引き継いでもらえる取り組みをしていきたいと話しています。今後もどんな試みをされるのか、わくわくしますね!

さあ皆さん、今夜のお食事で、能登ワインをはじめとした国産ワインを一緒に楽しんでみませんか?ワインを口に含み目を閉じれば、ブドウ畑が一面に広がる雄大な景色が目の前に広がるかも!


   

お問合せ先

経営局農地政策課

代表:03-3502-8111(内線5168)
ダイヤルイン:03-6744-2150
FAX番号:03-3591-5866