このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農業担い手メールマガジン第175号(平成25年6月25日発行)

  • 印刷
平成25年7月3日更新

担当:経営局経営政策課

  • 現場の皆さんへ~経営所得安定対策の加入受付締切は7月1日です!~
  • お知らせ~「農の雇用事業(平成25年第2回)」募集を行います~
  • 担い手のための耳寄り情報~省力化を実現する高能率キャベツ収穫機~

現場の皆さんへ~経営所得安定対策の加入受付締切は7月1日です!~

現場の皆さんへ~経営所得安定対策の加入受付締切は7月1日です!~

農業者の皆様、経営所得安定対策の加入受付締切が迫っています!
   <締切日> 平成25年7月1日(月曜日)

 

 お知らせ~「農の雇用事業(平成25年第2回募集)」の事業参加者の募集を行います~

農業分野での雇用を創出し、新規就農者の確保・育成を図るため、農業法人等が青年の就農希望者(正社員としての採用日時点で原則45歳未満の方)を新たに雇用し、農業技術等を習得させるために実施する実践的な研修(OJT)に対して助成を行う「農の雇用事業」を実施しています。この度、平成25年10月からの研修助成を対象として事業参加者の募集を行いますので、ご活用ください。

   <助成額>   年間最大120万円、最長2年間
   <お問合せ先> 全国農業会議所、各都道府県農業会議
   <募集期間>  第2回募集(平成25年10月1日研修助成開始分)
           平成25年7月1日(月曜日)~平成25年8月9日(金曜日)
   <今後の予定> 平成25年11月~12月の募集を予定しています。
 
また、法人等の職員を次世代の経営者として育成するために、先進的な農業法人や異業種の法人へ派遣する研修の支援「農の雇用事業(次世代経営者育成タイプ)」についても後日募集を予定しております。

 

担い手のための耳寄り情報~収穫・調製・出荷作業の省力化を実現する高能率キャベツ収穫機~

キャベツの収穫作業には、多くの時間を要することから、機械による省力化が求められています。しかし、過去に実用化されたキャベツ収穫機は、作業効率などの点で問題があり、大規模産地での導入は進みませんでした。

そこで、農研機構生物系特定産業技術研究支援センターでは、大規模畑作地帯での加工・業務用キャベツ生産などに対応した、乗用型キャベツ収穫機を民間の農業機械メーカーと共同で開発しました。

この収穫機では、刈り取られたキャベツは、収穫機上の作業者の手元までベルトで搬送され、作業者は、キャベツを選別し、不要な外葉を剥がすなどの調製作業をして、直接、集出荷用の大型コンテナに収容します。

作業能率は、4人作業で1日当たり約20a程度です。これは、従来の1条収穫型収穫機で調製してコンテナに収容するまでの作業能率の2倍に相当します。

この高能率キャベツ収穫機は、25年度中に、農業機械メーカーから市販される予定です。

 

編集後記

認定農業者の皆様にお願いしていたアンケートが、当係に集まってきております。
一時は机がアンケートに埋もれる位でした。本当に皆様のご協力のたまものです。改めて感謝申し上げます。
これだけの皆様にご協力をいただいたのですから、わかりやすく結果をお返しできるよう、これから集計と分析作業を頑張ります。(N)

(facebookもやってます!)
経営局facebook~農業経営者新時代ネットワーク(※登録なしで閲覧できます。)
http://www.facebook.com/nogyokeiei

 


電子出版:農業担い手メールマガジン
発行日 :毎月1回発行
発行元 :農林水産省経営局経営政策課 担当:西島
☆ 農林水産省担い手ホームページもご覧ください!
   ~担い手への支援策、認定農業者数等、担い手情報満載!!~
http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/index.html#ninaite

☆ このメルマガの配信申込み、バックナンバーはこちらから
http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/n_hyousyou/hyousyou_merumaga.html

☆ このメルマガの配信変更、配信解除、パスワード再発行等はこちらから
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

(注)掲載ファイル容量及び禁則処理の都合により、一部PDFと異なる部分があります。

 

お問い合わせ先

経営局経営政策課
担当者:経営育成G
代表:03-3502-8111(内線5153)
ダイヤルイン:03-6744-0577
FAX:03-3502-6007

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader