ホーム > 組織・政策 > 経営 > 担い手と集落営農 > 農業担い手メールマガジン > 農業担い手メールマガジン第203号(平成27年8月31日発行)


ここから本文です。

更新日:平成27年10月9日

担当:経営局経営政策課

農業担い手メールマガジン第203号(平成27年8月31日発行)

「新たな農業経営指標」を活用しましょう!(3つのステップで経営改善!)
http://www.maff.go.jp/j/ninaite/shihyo.html

 

地域農業の人と農地の問題解決に向けて(パンフレット)
http://www.maff.go.jp/j/keiei/koukai/hito_nouchi_booklet.html

「農地中間管理機構ホットライン」
    電話 03-6744-2151(受付時間 平日9時30分~17時00分) E-mail   kikou@nm.maff.go.jp

  • 【速報】平成28年度農林水産予算概算要求の概要について 
  • 「2015年 秋の農作業安全確認運動」の実施について
  • 「優良事例ポータルサイト~現場の知恵と汗と勇気~」開設のお知らせ 
  • 第3回「食と農林漁業の食育優良活動表彰」受賞者が決定しました
  • 3輪式乗用管理機にミッドマウント式で搭載する高能率水田用除草装置

【速報】平成28年度農林水産予算概算要求の概要について

平成28年度農林水産予算概算要求の概要を取りまとめました。

農林水産省ホームページリンク
平成28年度農林水産予算概算要求の概要について
http://www.maff.go.jp/j/budget/index.html

 

「2015年 秋の農作業安全確認運動」の実施について

農林水産省は、毎年、約400件の農作業死亡事故が発生し続けている現状を踏まえ、収穫作業の最盛期となる9月、10月を農作業安全対策の重点期間として、関係団体・企業と一体となって「秋の農作業安全確認運動」を展開しています。
担い手の皆様におかれましても、どうかくれぐれもお怪我などなされませんよう、今一度の安全確認をお願いいたします。

1.実施期間
平成27年9月1日(火曜日)~平成27年10月31日(土曜日)までの2ヶ月間
2.重点推進テーマ
「多様な視点を取り入れた具体的な農作業事故対策の推進」
3.展開方法
全国の行政機関、農機具販売、生産者団体など関係機関の協力により、研修会、講習会、展示会、戸別訪問など農業者に直接会う機会を利用し、農業者の安全意識の向上を図ります。
例えば、機能性の高い農作業ウェアや「熱中症計」等の事故予防に資するグッズの利用推進、平成27年7月に静岡県で発生した電気さくに起因する死傷事案等を踏まえ、電気さくの設置及び管理に当たっての安全対策の徹底など、事故防止に向けた取組を展開します。

農林水産省ホームページリンク
「2015年秋の農作業安全確認運動」の実施について
http://www.maff.go.jp/j/press/seisan/sien/150820_1.html

お問い合わせ先
農林水産省 生産局 農産部 技術普及課 生産資材対策室
担当者:機械開発・安全指導班 齊賀、江頭
(TEL 03-6744-2111)

 

「優良事例ポータルサイト~現場の知恵と汗と勇気~」開設のお知らせ

従来、農水省HPでは優良事例を、担当部局庁毎、事業・制度毎に別々に掲載していましたが、このたび農林漁業者の皆さんや地域の方々などによる先進的な取組や優良事例等を紹介する農林水産省の「優良事例ポータルサイト」をご用意しました。
分類・キーワード別に一覧にまとめ探しやすくなりました。また、農地中間管理機構の取組地区に関する優良事例集(参考になる36地区の創意工夫)も掲載されております。ぜひご覧ください。

「優良事例ポータルサイト~現場の知恵と汗と勇気~」
http://www.maff.go.jp/j/kanbo/yuryo_jirei/

 

第3回「食と農林漁業の食育優良活動表彰」受賞者が決定しました

農林漁業体験機会の提供や食文化の伝承等を通じた優良な食育活動を表彰する第3回「食と農林漁業の食育優良活動表彰」受賞者が以下のとおり決定しました!(敬称略、50音順)
農林水産大臣賞
【一般部門】
・特定非営利活動法人 だいずきっず(愛知県高浜市)
【企業部門】
・生活協同組合 コープこうべ(兵庫県神戸市)

消費・安全局長賞
【一般部門】
・紀の里農業協同組合(和歌山県紀の川市)
・ファームイン さぎ山(埼玉県さいたま市)
・なよろ食育推進ネットワーク(北海道名寄市)
【企業部門】
・クリナップ株式会社(東京都荒川区)
・株式会社 農協観光北海道統括事業部(北海道札幌市)
・株式会社 マルイ(岡山県津山市)

また、表彰式・講演会は、平成27年9月10日(木曜日)13時30分から株式会社 三菱総合研究所(東京都千代田区永田町2-10-3東急キャピトルタワー4階)で開催します。
表彰式のほか、武見ゆかり女子栄養大学・大学院教授による特別講演
テーマ「食育でつなぐ食の環(わ)・人の環(わ)」や受賞者による講演を行います。
参加者を募集していますので、是非ご参加ください。

「食と農林漁業の食育優良活動表彰」受賞者等は、こちらから!
http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/johokan/150820.html

表彰式・講演会への参加のお申込みは、こちらから!
http://www.mri.co.jp/syokuiku-hyousyou27/ [外部リンク]
または、
http://www.maff.go.jp/j/syokuiku/index.html

(お問い合わせ先)
申込に関するお問い合わせ:「第3回食と農林漁業の食育優良活動表彰事務局」   TEL:03-6705-6134  10時00分~17時00分(平日の12時00分~13時00分及び土・日・祝日除く)
内容に関するお問い合わせ:農林水産省 消費・安全局 消費者情報官
担当者:食育推進班 松井、中西、山岡
代表:03-3502-8111(内線4601) ダイヤルイン:03-3502-5723  FAX:03-5512-2293

 

3輪式乗用管理機にミッドマウント式で搭載する高能率水田用除草装置

消費者の安全・安心志向の高まりと環境負荷低減の観点から、各地で水稲の減農薬・無農薬栽培が推進されていますが、除草作業にかかる労力が大きな負担となっています。農研機構では、既存の管理用車両等に装着して使用することが可能で、作業速度が速く、除草効果が高く、欠株の少ない水田用除草装置を開発しました。
本装置は4条用と6条用があり、3輪式乗用管理機にミッドマウント式で装着するものです。オペレータが除草部を常に視認でき、稲株や圃場状況を確認しながらの除草作業を行うことができます。車体後部装着方式に比べて操舵に伴う除草部と稲の条とのずれが少なくなり、高精度な作業が行えます。作業能率は圃場条件により異なりますが、4条用が約30a/h、6条用は約45a/h で、作業による欠株率は3%以下です。

「3輪式乗用管理機にミッドマウント式で搭載する高能率水田用除草装置」の詳細
http://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/brain/2014/14_081.html [外部リンク]                                      

お問い合わせ先
研究開発法人 農研機構生物系特定産業技術研究支援センター 企画部 機械化情報課
 (TEL048-654-7030)

 

編集後記

最近急に涼しくなりましたね。先日、「全国優良経営体表彰」の農林水産大臣賞等を審査するための審査委員会がありました。本表彰は、個人、法人、集落営農の3部門で、農業経営の改善や地域農業の振興・活性化に関して優れた功績をあげた方に対し、賞を授与するものです。受賞された方は、11月の「全国農業担い手サミットinみやざき」にて表彰されることとなっております。みなさまの努力の成果をお示しいただけるよい機会と存じます。事務局として大会が成功できるよう、がんばって参ります。(氏原) 

(facebookもやってます!)
経営局facebook~農業経営者新時代ネットワーク(※登録なしで閲覧できます。)
https://www.facebook.com/nogyokeiei [外部リンク]

ご意見・ご質問はこちら
https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/38f2.html

 

電子出版:農業担い手メールマガジン
発行日 :毎月1回発行
発行元 :農林水産省 経営局 経営政策課 担当:氏原
☆ 農林水産省担い手ホームページもご覧ください!
   ~担い手への支援策、認定農業者数等、担い手情報満載!!~
http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/index.html#ninaite

☆ このメルマガの配信申込み、バックナンバーはこちらから
http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/n_hyousyou/hyousyou_merumaga.html

☆ このメルマガの配信変更、配信解除、パスワード再発行等はこちらから
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

 

お問い合わせ先

経営局経営政策課
担当者:経営広報グループ  氏原
代表:03-3502-8111(内線5153)
ダイヤルイン:03-6744-0577
FAX:03-3502-6007

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図