ホーム > 組織・政策 > 経営 > 担い手と集落営農 > 農業担い手メールマガジン > 農業担い手メールマガジン第210号(平成28年3月25日発行)


ここから本文です。

更新日:平成28年6月24日

担当:経営局経営政策課

農業担い手メールマガジン第210号(平成28年3月25日発行)

「新たな農業経営指標」を活用しましょう!(3つのステップで経営改善!)
http://www.maff.go.jp/j/ninaite/shihyo.html

「農地中間管理機構ホットライン」
 電話 03-6744-2151(受付時間 平日9時30分~17時00分) E-mail   kikou@maff.go.jp

  • 4月1日から経営所得安定対策の加入受付が始まります 
  • 平成28年度「人・農地問題解決加速化支援事業」のご紹介
  • 女性農林漁業者向け支援策活用ガイドを作成しました 
  • 動力なしで使える軽量コンパクトな胴上げ作業補助器具  

4月1日から経営所得安定対策の加入受付が始まります

経営所得安定対策に加入される農業者の方は、交付申請書及び営農計画書を作成し、6月30日(木曜日)までに、地域農業再生協議会又は農政局やその支局等に提出してください。
提出に当たっては、必要に応じて、農政局やその支局等と相談いただき、交付申請書等の記載漏れ等のないようご注意ください。また、くれぐれも出し忘れのないよう、交付申請書等の作成・提出は早めにお願いします。
ご不明な点がありましたら、地域農業再生協議会又は最寄りの農政局やその支局等にお気軽にご相談(※2)ください。

(※1)経営所得安定対策に関するホームページはこちら(平成28年度のパンフレットは4月1日に掲載予定。)

 →http://www.maff.go.jp/j/seisaku_tokatu/antei/keiei_antei.html

(※2)お問合せ先
 地域農業再生協議会(こちらから地域農業再生協議会の電話番号をご確認いただき、お問い合わせください。)
  →http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/keiei/toiawase.html#nougyo_saisei

最寄りの農政局やその支局等
・固定電話の方:0120‐38‐3786(※平日9時00分~17時00分)
(自動的に最寄り農政局やその支局等につながります。)
・固定電話以外の方(こちらから最寄りの農政局、支局等の電話番号をご確認いただき、お問い合わせください。)
 →http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/keiei/toiawase.html#nouseikyoku

平成28年度「人・農地問題解決加速化支援事業」のご紹介

高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などで、地域農業の5年後、10年後の展望が描けない集落・地域が多数存在している中で、「人・農地プラン」についての継続的な話合いと見直しにより、農地中間管理機構を活用した担い手への農地集積・集約化等を図ることが重要です。この取組を推進することを目的としているのが今回ご紹介する「人・農地問題解決加速化支援事業」です。
本事業は、大きく2つに分けられます。

(1)人・農地プランの見直し支援
 市町村等が、農地中間管理機構を活用した担い手への農地の集積・集約化、地域農業のあり方等を記載した人・農地プランについての継続的な話合いと見直しを行うための活動等に対して支援します。

(2)地域連携推進員の活動支援
 市町村による地域連携推進員(普及指導員のOB、リタイアした高齢農業者等)の雇用や、推進員が行う(ア)人・農地プランの見直し、(イ)集落営農の組織化・法人化、(ゥ)新規就農者の定着のための経営・技術指導等の活動を支援します。
人・農地プランは、人と農地の問題を解決するための「未来の設計図」です。集落・地域で徹底的な話合いを継続し、地域の将来展望が描けるプランにしていきましょう。
詳しくは、下記リンク先をご覧下さい。

平成28年度予算の概要
http://www.maff.go.jp/j/g_biki/p_group/aim/kekka/pdf/28_603.pdf(PDF:585KB)

女性農林漁業者向け支援策活用ガイドを作成しました

農林水産省では、地域農業の活性化や6次産業化等にチャレンジする女性農林漁業者の皆さまを応援しています。
女性の皆さまに農林水産省の施策を知っていただくとともに、積極的にご活用いただくため、各施策の概要をご紹介する「支援策活用ガイド」を作成しました。目的に合った支援策を探しやすいように、「経営に必要な機械・施設を導入したい」、「地域でまとまって6次産業化に取り組みたい」等の取組内容ごとにまとめられています。また、各支援策ごとにお問い合わせ先を記載していますので、気になる事業がありましたらお気軽にご連絡下さい。
農林水産省ホームページに掲載しておりますので、ぜひご活用ください。

「女性農林漁業者向け支援策活用ガイド」
http://www.maff.go.jp/j/keiei/shiensaku.html

動力なしで使える軽量コンパクトな腕上げ作業補助器具

棚栽培のブドウでの管理作業は、腕を上げて頭上の果実に対して行う作業が多く、腕や肩に非常に負担の大きい作業となっています。農研機構では、動力を使わず簡易な機構で上げた状態の腕を支え、腕上げ状態での作業を楽にする装着型の補助器具を開発しました。
開発した腕上げ作業補助器具はモーター等の動力やバネ等を用いておらず、腰に作業ベルトを締め、腕受け部のバンドを腕に巻くだけの簡易な機構で、重量もわずか2kg程度のものです。作業者が肘を体の内側に寄せることで連結部の溝と爪が噛み合い、上げた腕の重さを腰で支える仕組みです。椅子の肘掛けに腕を載せているような感覚で作業を行うことができます。
実際にブドウ棚栽培ほ場で行った試験では、作業者から高い評価を得ることができており、特に摘粒作業については、約9割の作業者から「楽になった」との回答を得ています。
この腕上げ作業補助器具は、昨年から民間の事業者により販売が開始されています。また、当初の製品にさらに改良が加えられたものが、台数は限定で近々販売される予定です。ご利用を検討される場合には、以下の問い合わせ先へご連絡下さい。

動力なしで使える軽量コンパクトな腕上げ作業補助器具の詳細は下記をご覧下さい。
https://www.naro.affrc.go.jp/project/results/laboratory/brain/2014/14_083.html[外部リンク]

お問い合わせ先
国立研究開発法人農研機構生物系特定産業技術研究支援センター園芸工学研究部(TEL048-654-7061)

編集後記

今回が今年度最後のメールマガジンとなりますが、この1年間の記事はいかがでしたか?おもしろい記事や知りたい情報はお届けできたでしょうか?これからも農業者の皆さんにとって有用な情報を発信するよう努めていきたいと思いますので、「こんな内容の記事が読みたい」など、記事の内容や配信の頻度、1回あたりの記事の分量などについてご意見がありましたら、以下に記載しています「農業担い手メールマガジンお問い合わせ窓口」にお寄せいただければと思います。
今後も、メールマガジンの改善を図りながら、情報発信を行っていきたいと思います。(佐藤)
(facebookもやってます!)
経営局facebook~農業経営者新時代ネットワーク(※登録なしで閲覧できます。)
https://www.facebook.com/nogyokeiei [外部リンク]

ご意見・ご質問はこちら
https://www.contact.maff.go.jp/maff/form/38f2.html

電子出版:農業担い手メールマガジン
発行日 :毎月1回発行
発行元 :農林水産省経営局経営政策課 担当:氏原、佐藤
☆ 農林水産省担い手ホームページもご覧ください!
   ~担い手への支援策、認定農業者数等、担い手情報満載!!~
http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/index.html#ninaite

☆ このメルマガの配信申込み、バックナンバーはこちらから
http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/n_hyousyou/hyousyou_merumaga.html

☆ このメルマガの配信変更、配信解除、パスワード再発行等はこちらから
http://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html

 

お問い合わせ先

経営局経営政策課
担当者:経営広報グループ  氏原、佐藤
代表:03-3502-8111(内線5153)
ダイヤルイン:03-6744-0577
FAX:03-3502-6007

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図