ホーム > 組織・政策 > 国際 > その他国際会議等 > G7新潟農業大臣会合 > G7新潟農業大臣会合について


ここから本文です。

 

更新日:平成28年3月22日

担当:大臣官房国際部国際機構グループ

G7新潟農業大臣会合について

伊勢志摩サミット(5月26日~27日)の関係閣僚会合として、下記のとおりG7新潟農業大臣会合を開催いたします。

G7/8としての農業大臣会合は、2009年にイタリアのチソン・ディ・バルマリーノで開催されて以来、7年ぶりとなります。

1.日程

平成28年4月23日(土曜日)~24日(日曜日)

23日午後  会合

    夕方  歓迎レセプション、閣僚夕食会(行形亭(いきなりや))

24日午前  会合

    昼食(ぽるとカーブドッチ)

    午後  現地視察(いくとぴあ食花、亀田製菓)

 2.場所

新潟県新潟市『朱鷺メッセ』

新潟県新潟市中央区万代島6-1

3.参加者

◯  G7メンバー(日本(議長)、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、英国、米国、EU)

◯  国際機関(FAO、OECD)

4.議論の内容

(1)G7メンバーの農業を取り巻く共通の課題の特定

(2)課題克服に向けた具体的な方策

5.成果物

会合の成果として、「新潟宣言」を採択予定。

6.その他 

(1)日本の農業技術等の紹介

我が国の先進技術や地元農林水産物・食品など、我が国の魅力を世界に発信するため、朱鷺メッセ内に様々な展示ブースを設置。

<展示内容>

(2)食のおもてなし

歓迎レセプションや夕食会において、地元新潟を中心に、東日本大震災の被災3県を含めた各地の食材を使った和食を提供。

参考

(参考1)G7新潟農業大臣会合の開催について(PDF:109KB)

(参考2)G7新潟農業大臣会合に際し展示等を検討中のもの(PDF:207KB)

(参考3)会合に当たって提供を検討している食材の例(PDF:89KB)

(参考4)懸垂幕の設置(PDF:296KB)

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際機構グループ
担当者:青山、川島、皿谷(議論の内容について)
代表:03-3502-8111(内線3501)
ダイヤルイン:03-6738-6156
FAX:03-3502-0735

大臣官房国際部国際機構グループ
担当者:三嶋、目德、笹尾(その他)
代表:03-3502-8111(内線3509)
ダイヤルイン:03-6744-0213
FAX:03-3502-0735

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ


アクセス・地図