このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

日マレーシア関税割当関係情報

新着情報

1.日マレーシア経済連携協定(EPA)に基づく関税割当制度の概要

2.平成29年度の関税割当についてのお知らせ

     

1 割当てを受けた物品の輸入を希望しなくなったとき又は通関期限を経過したときは、関税割当証明書を速やかに返納していただくようにお願いします。

2 マレーシア産生鮮バナナにおいては、取得したマレーシア側の証明書の記載内容に間違いがないかを確認した上で、当省に申請するようにお願いします。

3 当省が交付した関税割当証明書を使用して通関する場合、マレーシアの原産品であることを証明した原産地証明書を税関に提出する必要があります。(詳細は税関に御確認ください。) 

4 申請のための農林水産省への入館については、【アクセス・地図】をご覧ください。

3. 今までの関税割当関係情報

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際経済課関税分室
担当者:貿易企画班
ダイヤルイン:03-6744-7165

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader