このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

林農林水産大臣のローマ出張の概要について

  • 印刷
平成25年10月09日更新

担当:農林水産省

林農林水産大臣は、イタリア共和国(ローマ)に出張し、平成25年10月7日(月曜日)に開催されたFAO(国連食糧農業機関)主催の国際食料価格に関する閣僚級会合に出席したほか、要人との会談を行いました。

日程及び場所

日程:平成25年10月7日(月曜日)

場所:FAO本部 イタリア共和国(ローマ)

会合等の概要

(1)国際食料価格に関する閣僚級会合

    近年高騰した国際食料価格が、依然として高位で推移していることを受け、FAO加盟国の閣僚級で食料価格水準と変動への対応策が議論され、農業生産の増大や生産性の向上、市場の透明性向上等、国際社会が協調して取組むことの重要性が確認されました。


(2)要人との会談

    以下の要人と会談し、食料安全保障や農業政策等について意見交換を行いました。

     ・FAO  グラツィアーノ事務局長
     ・フランス  ル・フォル農業・食品産業・森林大臣
     ・EU  チョロシュ農業農村開発担当委員 

 

 <添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)

    ・FAO国際食料価格に関する閣僚級会合の結果概要について(PDF:101KB)

    ・林農林水産大臣代表演説(PDF:68KB)

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際協力課
担当者:嶋田、西川
代表:03-3502-8111(内線3510)
ダイヤルイン:03-3502-5913
FAX:03-3502-8083

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader