ホーム > 組織・政策 > 国際 > グローバル・フードバリューチェーンの構築について > 平成27年度第3回グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会(平成28年2月22日開催)議事概要


ここから本文です。

平成27年度第3回グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会(平成28年2月22日開催)議事概要

議事概要(PDF:88KB)

 

1 日時:2016年2月22日(月曜日)14時30分-15時30分

2 場所:農林水産省講堂

3 議事概要

 (1)開会にあたり、松島浩道農林水産審議官より、以下のコメントがあった。

      グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会も立ち上げから2年が経ち、当初の3倍以上の280の企業・団体に参画していただいている。本日の会議が企業の皆様にとってお役に立つことを願う。

 (2)GFVC推進にかかる平成27年10月以降の動きについて、農林水産省(国際部)より、次の通り情報提供を行った。

   

  「ミャンマーの現状について」(青戸直哉大臣官房参事官/海外投資・協力グループ長)

        昨年7月に日ミャンマー農林水産業・食料協力対話、同年9月に同対話第1回ハイレベル会合を開催し、ミャンマーにおける農林水産業・食料協力について意見交換を実施。今後も対話を継続する予定。

      また、昨年7月には農林水産分野を含む「ミャンマー産業発展ビジョン」を策定。新政権発足後、農業発展のための工程表をミャンマー政府と協力して作成したいと考えている。

  

 「カンボジアにおける取り組みについて」(荒木康紀海外投資・協力グループ国際交渉官)

      昨年12月に第1回二国間協力対話を開催。日系企業からカンボジアでの取り組みや問題を説明。これに対し、カンボジア側は問題の改善に向けて前向きに検討すると回答。

   また、FVC構築のため品質管理や政府職員の人材育成等の協力が必要になるとの指摘を受けた。具体的な協力については今後カンボジア政府と協議予定。

 

  「ブラジルにおける取り組みについて」(渡辺裕子国際地域課国際交渉官)

     昨年10月に穀物輸送インフラ改善についてのセミナーを実施。次回の日伯農業・食料対話は2月29日に実施予定。

   日本企業の進出阻害要因となっている外資規制や、穀物輸出輸送インフラ改善について  協議する予定。同対話の結果については次回の協議会にて説明する予定。

 

「アフリカにおける取り組みについて」(宮廻昌弘国際地域課国際交渉官)

     本年2月にケニアで日ケニア農業協力対話第1回会合を開催。日本側からFVCの説明を行い、ケニア側からはケニアにおける政策等について説明を受けた。

   今後、具体的な協力スキームについて検討する予定。原則として毎年、同様の会合を開催することで合意。

   また、5年に1度日本で行われていたTICADについても、今後は3年に1度、日本とアフリカで交互に開催。次回TICAD初めてのアフリカ大陸での開催となり、ケニアで開催予定。

  

 「豪州における取り組みについて」(大橋貴則国際地域課国際専門官)

      日本政府と豪州政府の初の合同ミッションとなるアセアンへの日豪官民ミッション派遣を行った。9月から北部豪州にて投資関係調査を実施した。

     今後は、豪州は農場・食品関係の研究を、日本は加工技術・インフラ整備等で協力し合って、アセアン地域への進出を目指す。

     それを踏まえて、本年1月にタイにミッションを派遣。2月29日より北部豪州の現地視察を実施する予定。

 

 「インドにおける取り組みについて」(龍徹海外投資・協力グループ課長補佐)

      昨年11月にインドへの官民ミッションを派遣。AP州及びデリーにて政府関係者等とビジネス交流フォーラムを開催。

     3月には、AP州から日本へミッションが派遣される予定。また、併せてGFVC協議会第2回インド部会を実施予定。今後、4月中旬にJICAによる官民ミッションを予定。

 

(3)その他

 在外公館等における日本企業支援担当官(食産業担当)の設置について(久染徹国際政策課国際戦略室長)

  12月末、食産業分野を担当する日本企業支援担当官を58の在外公館等に設置した。

  食産業担当について協議会メンバーを対象にアンケートを実施したところ、JETROとの住み分けや仕組みに関して指摘を受けた。また、民間企業の方に利用していただくため、食産業担当の認知度を上げる必要があると認識している。

 

(4)質疑応答
なし

 

4.閉会
個別の官民ミッション等に関して、協議会のメンバーの方にはメーリングリスト等でお知らせしている。また、来年度のグローバル・フードバリューチェーン戦略について資料を配布している。来年度は二国間対話や官民ミッションを通じてより具体的な成果をあげていきたいと考えている。

 

ページトップへ

お問い合わせ先

大臣官房国際部海外投資・協力グループ
ダイヤルイン:03-3502-5913
FAX:03-3502-8083

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

ページトップへ

農林水産省案内

リンク集


アクセス・地図