このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

グローバル・フードバリューチェーン推進官民協議会第1回分野別研究会(平成26年10月17日開催)議事概要

  • 印刷

 PDF版:議事概要(PDF:60KB)

 

1 日時:2014年10月17日(金曜日) 14時30分‐16時15分
2 場所:農林水産省大臣官房国際部第1・第2会議室
3 議事概要:
(1)IT農業への取組について官民からの情報提供を行った。
    総務省、(独)国際協力機構(JICA)、(株)国際協力銀行(JBIC)、NECソリューションイノベータ(株)、パナソニック(株)、富士通(株)、(株)クボタ
(2)協議会メンバーよりの意見は次のとおり。
   ○ICTを活用して日本の米の付加価値をどう伝えるべきかについて、どの層にどのようにマーケティングすれば良いか勉強中だが、日本で使われている等級以外に、ベストな食の組み合わせやワインのような産地との結びつきなど、成分まで表示されているケースがまだまだ少ない。生産現場と味がつながるような見える化(しくみ)を作っていきたい。
   ○ベトナムにおいて、工業化により農業の人手不足の問題が発生しているが、これについてICTを活用しつつ、機械利用による省力化や品質の均一化、また機械の大型化による生産効率向上も可能になると考えている。
(3)今後については、協議会メンバーからの要望や具体的な関心事項を踏まえて、代表・副代表と相談しながら順次開催することとなった。


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    以上

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader