このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ベトナムに対する農林水産分野の協力について

農林水産省では、関係省庁及び関係機関や団体と連携しつつ、ベトナムにおける農林水産分野の協力を行っています。

日越農業協力対話について

2014年3月のサン国家主席来日時の首脳会談において、農林水産分野の協力対話の会合をベトナムで開催することに合意し、同年6月に「日越農業協力対話第1回ハイレベル会合」を開催しました。今回は「第2回ハイレベル会合」を開催し、日本企業等も出席し、ベトナムにおけるフードバリューチェーンの構築のための日越農業協力中長期ビジョンを承認しました。

1.日程:平成27年8月12日(水曜日)

2.場所:ベトナム(ハノイ)

3.出席者

  • 日本側:林農林水産大臣(共同議長)、農林水産省大臣官房参事官 他、在ベトナム日本国大使館、(独)国際協力機構(JICA)、(独)日本貿易振興機構(JETRO)、日本企業(25社) 他 
  • ベトナム側:ファット農業農村開発大臣(共同議長)、ズアイン同省副大臣、ヒエン天然資源環境省副大臣、ファムSラムドン省副委員長、ゲアン省等地方政府、計画投資省、商工省、民間企業 他(日越双方で160名以上)

4.概要

  • 林大臣及びファット大臣が共同議長を務め、日越農業協力対話第2回ハイレベル会合を開催しました。官民が連携してベトナムにおけるフードバリューチェーンを構築していくための中長期ビジョンをファット大臣とともに承認しました。
  • 今回の第2回ハイレベル会合には、昨年の11社を大きく上回る25社の日本企業の代表も出席し、中長期ビジョンのモデル地域での事業展開やベトナムにおける今後の事業計画等について発言し、日本・ベトナムの双方は、中長期ビジョンの取組を着実に実行していくために官民が連携して努力することを確認しました。
  • 中長期ビジョンのレビュー・フォローアップ体制として、日越農業協力対話を毎年開催することとし、中長期ビジョンの計画期間の中間年(2017年)及び最終年(2019年)には、ハイレベルでの会合を開催する方向で調整することに合意しました。

(参考)日越農業協力対話第2回ハイレベル会合(PDF:247KB)

日越農業協力中長期ビジョン

「日越農業協力中長期ビジョン」は、日本とベトナム双方の官民が連携し、生産から加工、流通、消費にいたるフードバリューチェーンを構築するため、重点的に取り組む課題とモデル地域を設定し、今後5年間の日本・ベトナムそれぞれの具体的取組を定めたものです。

日越農業協力中長期ビジョン(概要)(PDF:403KB)

日越農業協力中長期ビジョン(PDF:877KB)

参考

  • 日越農業協力対話第2回ハイレベル会合の会議資料

食品安全の向上の取組について(PDF:1,081KB)

お問い合わせ先

大臣官房国際部海外投資・協力グループ
担当者:技術協力班
代表:03-3502-8111(内線3513)
ダイヤルイン:03-3501-7402
FAX:03-3502-8083

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader