このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

アルゼンチンの農林水産業概況

  • 印刷
平成29年7月3日更新

1. 農林水産業の概況

  • 人口は、約4,298万人(FAO:2014年)
  • 国土面積に占める農用地面積は約53%で、耕地と永年作物地が約3割、永年採草・放牧地が約7割。農用地面積の約4割を占めるパンパ地帯(中央東部の草原地帯)では、小麦、とうもろこし、大豆等の栽培が盛んな穀倉地帯。加えて、野菜、牧畜・畜産等も盛ん。パンパ地帯以外では、主に北西部でサトウキビの栽培、北東部地域でマテ茶等の栽培、中西部のクージョ地域でワイン用ぶどう等の栽培が盛ん。
  • 主要農産物のうち、マテ茶、ペパーミントが世界第2位の生産量、大豆が第3位、とうもろこし、牛肉が第4位の生産量である(FAO:2014年)。

2.農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等

  •      農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等(PDF : 307KB)

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際地域課

代表:03-3502-8111(内線3471)
ダイヤルイン:03-3502-5929

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader