このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

チェコの農林水産業概況

  • 印刷
平成29年2月1日更新

1. 農林水産業の概況

  • 国土面積は日本の約5分の1。樺太の中部辺りに位置するが、国土の7割が高度500メートル以下にあり、比較的温暖。
  • 国土の三方、ドイツとポーランドとの国境は山脈で囲まれ、山岳地帯は主に林地又は牧草地。中西部に農業生産の中心となる肥沃なボヘミア盆地を有する。また、国土の3分の1以上が森林。
  • 西部を中心に全土で穀物(小麦、大麦等)、中央北部で甜菜、中央南部でばれいしょ、東南部でトウモロコシが生産されている。
  • 1経営体当たり平均経営面積は133.0ha(2013年)。
  • ホップの生産量は世界第5位(2013年)。特に、ボヘミア地方北部のZatec近郊で生産されるザーツホップ(Saaz Hops)は高品質であり、EUの原産地呼称の保護を受けている。日本のホップ輸入量の3割がチェコ産。

2.農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等

  • 農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等(PDF : 225KB)
 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際地域課

代表:03-3502-8111(内線3471)
ダイヤルイン:03-3502-5929

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader