このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

インドネシアの農林水産業概況

  • 印刷
平成28年10月3日更新

1. 農林水産業の概況

  • 東西5,100km、南北1,900kmにおよぶ大小1万7千以上の島々からなる群島国家であり、多様な土地条件から、農業は多彩なものとなっている。近年は、経済成長に伴い、養鶏、肉牛を中心とする畜産が生産を伸ばしている。
  • 主要農作物は、コメ、キャッサバ、さとうきび等で、農業形態は、ジャワ島中心の小規模な農業(コメ、キャッサバが中心。コメの総生産量の6割はジャワ島で生産。)と、スマトラ島等中心の商品作物(オイルパーム、ゴム等)の栽培に区分される。

 2.農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等

        農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等(PDF : 80KB)

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際地域課
代表:03-3502-8111(内線3471)
ダイヤルイン:03-3502-5929