このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

マレーシアの農林水産業概況

  • 印刷
平成28年10月3日更新

1. 農林水産業の概況

  • 国土の約6割を占める森林、耕地は、経済発展に伴って減少傾向にある。全体面積がほぼ一定で推移している永年作物地は、作物別の面積では大きく変化。オイルパームが顕著に拡大する一方、天然ゴム、ココア、ココナッツ等は減少している。
  • マレーシアの農林水産業はオイルパーム、天然ゴム、木材等の一次産品の生産・加工と輸出に特徴付けられる。最も重要な食料であるコメは、食料安全保障の観点から増産政策が採られているものの、生産は伸び悩んでおり、自給率は73.5%(2012年)にとどまっている

2.農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等

  • 農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等(PDF : 81KB)

 

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際地域課
代表:03-3502-8111(内線3471)
ダイヤルイン:03-3502-5929