このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

モンゴルの農林水産業概況

  • 印刷
平成29年7月3日更新

1. 農林水産業の概況

  • 人口は、約291万人(FAO:2014年)。
  • 中央アジア地域の内陸に位置し、寒冷で乾燥した気候という自然環境から永年採草・放牧地が国土の72%を占め、牧畜が産業の中心となっている。
  • 牧畜は季節毎に放牧地と住居を移動する遊牧方式を基本とし、主な家畜は羊、山羊、牛、馬、ラクダである。これら5家畜の合計頭数は、1990年以降の市場経済化による家畜の私有化政策以降、増加傾向で推移し、2009年には4,400万頭に達したが、同年末から翌年春先まで続いた雪害で多数の家畜が死亡し、2010年には3,273万頭にまで減少した。2016年には、牧畜業、遊牧民を支援する様々な国家対策により、6,154万2,000頭にまで増加した。

2.農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等

  • 農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等(PDF : 183KB)

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際地域課

代表:03-3502-8111(内線3471)
ダイヤルイン:03-3502-5929