このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

パキスタンの農林水産業概況

  • 印刷
平成28年10月3日更新

1. 農林水産業の概況

  • パキスタンはアラビア海から中央アジアの山岳部に広がり、国土面積は日本の2倍強。国土は北部山岳地帯、平原地帯(パンジャブ・シンド)、台地地帯(バロチスタン)に分かれ、このうちパンジャブ・シンドの平原地帯が主な農業地帯となっている。ただし、平原地帯の大部分は降水量が年500mm以下の乾燥地である。
  • 主要作物は、さとうきび、小麦、コメ等であるが、自然環境に対し脆弱な地域が多く、生産量は天候に大きく左右される。
  • 農業分野における課題は、降水量不足への対応である。パキスタンには英国植民地時代に建設されたインダス川流域の大灌漑網があるが、老朽化が著しい。

2.農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等

 農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等(PDF : 95KB)

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際地域課
代表:03-3502-8111(内線3471)
ダイヤルイン:03-3502-5929