このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ポルトガルの農林水産業概況

  • 印刷
平成29年2月3日更新

1. 農林水産業の概況

  • ヨーロッパ大陸の西端に位置し、国土面積は日本の約4分の1、北部は起伏が多い山脈の地形で、リスボンを流れるテージョ川以南の南地域はなだらかな地形。
  • 1経営体当たり平均経営面積は13.8ha(2013年)。小規模農家が多く、経営面積5ha未満の農家が72%を占める。
  • 温暖な地中海性気候の恩恵を受け、多様な農作物が生産されている。
  • 主な農畜産物は、トマト、ぶどう、オリーブ、トウモロコシ等。加工品では、トマトペースト(輸出額世界第6位(2013年))、ワイン(同9位)、オリーブ・オイル(同5位)。
  • 甘口のポートワインが有名。また、コルクは全世界の生産量の約5割を占める。同国の森林面積の23%がコルク樫。

2.農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等

  • 農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等(PDF : 292KB)

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際地域課
代表:03-3502-8111(内線3471)
ダイヤルイン:03-3502-5929