このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ロシアの農林水産業概況

  • 印刷
平成29年7月3日更新

  

1. 農林水産業の概況

    • 人口は、約1億4,343万人(FAO:2014年)。
    • 国土面積は17億ha(日本の45倍)。
    • 国土の大半が亜寒帯及び寒帯の気候区分に属しており、北極海沿岸にツンドラ気候、カスピ海沿岸及びモンゴル国境付近にステップ気候、黒海沿岸に温帯気候が分布。 
    • モスクワのある中央連邦管区の東南隣と南隣の沿ボルガ連邦管区及び南部連邦管区は、ロシアの穀物生産量の約6割を占める穀倉地帯。 
    • 主要農産物は、小麦・大麦等の穀物、てんさい、ばれいしょ、ひまわり種子等。
    • 森林面積は国土の約5割(約8億ha)で、世界の森林面積の5分の1を占める。産業用丸太の輸出量は世界第1位、製材の輸出量はカナダに次ぎ世界第2位(2014年)。 
    • ロシア水域における漁獲量は近年、漸増(回復)傾向にあり、2016年の漁獲量は476万トン(過去20年間で最高)で、その3~4割が中国等へ冷凍輸出。主たる漁獲魚種はスケトウダラ、マダラ、ニシン、サケマス類、カラフトシシャモ等。 

2.農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等(PDF : 237KB)

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際地域課

代表:03-3502-8111(内線3471)
ダイヤルイン:03-3502-5929