このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

シンガポールの農林水産業概況

  • 印刷
平成29年7月3日更新

1. 農林水産業の概況

  • 人口は、約551万人(FAO:2014年)。
  • シンガポールは約719平方キロの狭い土地に約551万人の人口をかかえる。農地は極めて小さく、食料供給の大半は周辺国等からの輸入に依存している。食料自給率は公表されていないが1割未満である。比較的自給率が高い品目は、鶏卵の約26%(魚約8%、葉野菜約8%)である。調達先の分散により食料供給のリスクを回避している。
  • 島内6箇所に1,465ha設定されている農業団地の中に、農地660haが所在。認定農場数は263戸(2015年現在)。土地は全て国有地で、20年の賃借契約による使用が主である。「アグロテクノロジー・パーク」構想による外資誘致・農場規模拡大と集約化を目標にしている。

2.農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等

  • 農地の状況、主要農産物の生産状況、農産物貿易の概況等(PDF : 243KB)

 

お問い合わせ先

大臣官房国際部国際地域課
代表:03-3502-8111(内線3471)
ダイヤルイン:03-3502-5929