このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

国際家族農業年(2014)について

国際家族農業年(International Year of Family Farming)とは

国際連合は、2011年の国連総会において、家族農業や小規模農業が、持続可能な食料生産の基盤として世界の食料安全保障確保と貧困撲滅に大きな役割を果たすことを広く世界に周知するため、2014年を国際家族農業年(International Year of Family Farming)に制定しました。
国際的な取り組みは国連食糧農業機関(FAO)が中心となって推進することとなっており、農林水産省では、FAOが主催する家族農業に関する国際会議に参加し、その概要を紹介することにしています。 

FAOが主催する主な国際会議

「21世紀の家族農業の役割に関するアジア太平洋地域コンサルテーション会合」

日 程: 2014年8月
場 所:チェンナイ(インド)
主 催: FAO、スワミナサン財団

結果概要(PDF:179KB) 

「世界食料デー式典」(テーマ:家族農業)

日 程:2014年10月
場 所:ローマ(イタリア)
主 催:FAO

 

 「家族農業に関する国際会議」

日 程:2014年11月
場 所:サンティアゴ(チリ)
主 催:FAO、国連ラ米カリブ経済委員会他

お問合せ先

大臣官房国際部国際機構グループ

担当者:川口、眞﨑
代表:03-3502-8111(内線3503)
ダイヤルイン:03-3502-8498
FAX番号:03-3502-0735

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader