このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

G20アンタルヤサミットの結果概要

1.日程、場所等

(1) 日程:平成27年11月15日(日曜日)~16日(月曜日)
(2) 場所:トルコ・アンタルヤ
(3) 出席国:G20首脳+招待国首脳及び国際機関の長

  (G20)

日本、トルコ(議長国)、米、英、独、仏、伊、加、EU、豪、露、ブラジル、アルゼンチン、
中国、インド、インドネシア、韓国、サウジアラビア、南アフリカ、メキシコ
  (招待国)
スペイン、シンガポール、マレーシア、アゼルバイジャン、セネガル、ジンバブエ
  (国際機関)

国際連合(UN)、国際通貨基金(IMF)、国際労働機関(ILO)、経済協力開発機構(OECD)、
世界銀行(WB)、世界貿易機関(WTO)等


(4) 主要議題:テロ、世界経済、開発、気候変動、貿易、エネルギー

2.首脳宣言の主なポイント(当省関係)

  • 包摂的なグローバル・バリュー・チェーン(GVCs)は世界貿易の重要な原動力。我々は、経済発展のいかなる段階にある国においても、全ての規模の企業、特に中小企業が、GVCに参加し、これを完全に活用できるようにするための政策を支持し、開発途上国のより広範な参加および価値の付加を奨励する。(パラ11)
  • WTOは、多角的貿易体制のバックボーンであり、経済成長及び開発を促進する上で引き続き中心的な役割を果たすべき。(パラ12)
  • 我々は、世界的な食料安全保障及び栄養を改善し、また、我々が食料を生産し、消費し、及び販売する方法が経済的、社会的及び環境的に持続可能であることを確保するという我々のコミットメントを強調する食料安全保障及び持続可能なフード・システムに係るG20行動計画を承認する。(パラ20)
  • 我々は、小規模農家や家族農家、農村の女性及び若者のニーズに特別の注意を払う。我々はまた、食料の損失及び廃棄を世界的に削減することにコミットする。(パラ20)
  • 2016年G20サミット(議長国:中国)は、9月に中国の杭州市にて開催。また、2017年G20サミットはドイツで開催。(パラ27)

3.関連リンク

G20アンタルヤ・サミットの首脳宣言(英文) (PDF:321KB)[外部リンク]
G20アンタルヤ・サミットの首脳宣言(仮訳) [外部リンク]
食料安全保障及び持続可能なフードシステムに係るG20行動計画(英文) (PDF:306KB)[外部リンク]
食料安全保障及び持続可能なフードシステムに係るG20行動計画(仮訳) (PDF:114KB)[外部リンク]

お問合せ先

大臣官房国際部国際機構グループ

代表:03-3502-8111(内線3507)
ダイヤルイン:03-6744-1501
FAX番号:03-3502-0735