このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

G20ブエノスアイレス・サミットの結果概要

1.日程・場所等

日程:平成30年11月30日(金曜日)、12月1日(土曜日)
場所:アルゼンチン・ブエノスアイレス
出席国:日本、仏、米、英、独、伊、加、EU、アルゼンチン、豪、ブラジル、中、印、インドネシア、メキシコ、韓、露、サウジアラビア、南ア、トルコ
招待国:スペイン、星(ASEAN議長国)、ルワンダ(AU議長国)、セネガル(NEPAD議長国)、ジャマイカ(CARICOM議長国)、チリ、オランダ
国際機関:国際連合、国際通貨基金(IMF)、世界銀行、世界貿易機関(WTO)、国際労働機関(ILO)、金融安定理事会(FSB)、経済協力開発機構(OECD)、世界保健機関(WHO)、米州開発銀行(IDB)、アンデス開発公社(CAF)

2.主要議題

公正で持続可能な開発のためのコンセンサスの構築

3.首脳宣言の主なポイント(当省関連)

食料安全保障

  • 食料安全保障の課題への取組は、飢餓やあらゆる形態の栄養不良のない世界を達成するために極めて重要。
  • 農業食料グローバル・バリューチェーンにおける価値付加、生産性、効率性、持続可能性及び品質向上を促進し、食料の損失・廃棄の削減のための取組を奨励。

貿易

  • 成長、生産性、イノベーション、雇用創出、開発のために、多角的貿易体制が果たしてきた貢献を認識。他方、同体制は、改善の余地があることを指摘。
  • WTO改革を支持。次回サミットにおいて進捗をレビュー。

その他

  • G20サミットは、2019年に日本で、2020年にサウジアラビアで開催。

4.二国間会談等

添付資料

G20ブエノスアイレス首脳宣言(骨子(PDF:210KB)仮訳(PDF:195KB)英文(PDF:570KB))(外務省のサイトにリンク)

お問合せ先

大臣官房国際部国際機構グループ

担当者:島崎、大村
代表:03-3502-8111(内線3507)
ダイヤルイン:03-3502-8497
FAX番号:03-3502-0735

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader