このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第2回日中韓農業大臣会合の結果概要

林農林水産大臣は、平成27年9月12日(土曜日)から13日(日曜日)まで、東京において開催された「第2回日中韓農業大臣会合」に議長として出席したほか、韓国及び中国両政府の農業担当大臣と二国間会談等を行いました。

1.日程

(1)  9月12日(土曜日)

林農林水産大臣主催夕食会

(2)  9月13日(日曜日)

バイ会談

第2回 日中韓農業大臣会合

2.場所

会場:東京・京王プラザホテル(東京都 新宿区 西新宿2-2-1)

3.出席者

(1) 日本側

林 芳正(はやし よしまさ) 農林水産大臣

(2) 韓国側

李 桐弼(イ ドンピル)農林畜産食品部長官

(3) 中国側

陳 暁華(チン ギョウカ)農業部副部長   

4.概要

(1) 第2回 日中韓農業大臣会合

  • 日中韓3か国の農業担当大臣が一堂に会して、二回目の会合を開催しました。会合では、食料安全保障、動植物の疾病、自然災害と気候変動、国際的・地域的な多国間の枠組みでの農業協力、高級事務レベル会合のメカニズムなどについて意見が交わされ、その成果としての共同声明を採択しました。同時に、越境性動物疾病(*)への対応に関する協力覚書を交わしました。

*越境性動物疾病:口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザ等、国境を越えてまん延し、発生国の経済、貿易及び食料の安全保障に関わる重要性を持ち、その防疫には多国間の協力が必要となる動物の疾病をいう。

(2)二国間会談

  ア 韓国:李 桐弼(イ ドンピル)農林畜産食品部長官

  • 日中韓FTA・RCEP、日本産食品の輸入規制、農業の6次産業化などについて意見交換しました。

 

  イ  中国: 陳 暁華(チン ギョウカ)農業部副部長

  • 日中韓FTA・RCEP、水産資源の保存及び管理、日本産食品の輸入規制などについて意見交換しました。

(3)林農林水産大臣主催夕食会

  • 韓中の農業部関係者に対し和食と日本酒を提供し、いけばなの実演や琴演奏による日本文化の紹介をしました。
<添付資料>
日中韓農業大臣会合成果のポイント(PDF : 306KB)
共同声明(PDF : 121KB)
共同声明(仮訳)(PDF : 221KB)
越境性動物疾病への対応に関する協力覚書(PDF : 90KB)
越境性動物疾病への対応に関する協力覚書(仮訳)(PDF : 144KB)

お問合せ先

大臣官房国際部国際地域課

代表:03-3502-8111(内線3474)
ダイヤルイン:03-3502-8089
FAX番号:03-5511-8773

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader