このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

就農・女性課等の新規就農施策

就農を総合的にサポートする国の施策を御紹介します

支援策の図

就農前に研修する方への支援

    就農前の研修を後押しする資金(年間150万円、2年以内)を交付します。

 

独立・自営で農業を始める方への支援

    新たに農業経営を開始する青年等の就農計画を、市町村が認定する制度です。

    ☆農業次世代人材投資事業(経営開始型)や無利子資金制度のほか、新規就農者が経営体育成支援事業等を活用するためには、認定新規就農者となることが必要になります!

 

    就農直後の経営確立を支援する資金(年間最大150万円、5年以内)を交付します。

    ☆前年の所得に応じて交付額が変動します。

    →詳しくはこちら(PDF : 98KB) ※26年度補正予算成立日より適用します。

 

    就農に必要な機械、施設の取得等のための資金について、無利子貸付を行っています。

    ☆26年度から、制度が新しくなりました!(青年等就農資金)

 

    農業機械や施設等の購入費に対する補助を行っています。

 

    27年産からゲタ・ナラシ対策の交付対象者に認定新規就農者が加わりました。

 

    27年度から農業経営基盤強化準備金の対象に認定新規就農者(個人)が加わりました。

 

    後継者のいない優良な農業経営を新規就農希望者へ継承する取組を支援しています。

 

雇用就農に対する支援

    法人等が新たに青年を雇用して実施する研修等に対して支援します。(年間最大120万円、最長2年間)

    また、将来独立して法人の設立を目指す方の研修を支援します。(最長4年間、年間最大120万円(3、4年目は60万円)

    →詳しくはこちら(PDF : 343KB)

 

農業教育・研修について

    高度な経営力、地域リーダーとしての人間力等を養成する高度な農業経営者教育機関等に対して支援します

 

    農業を学ぶための学校や、農業経営力強化のための研修を紹介します

    → 就農相談の窓口や、各地域の支援策についてはこちら

 

 予算関係資料

 

 統計資料

お問合せ先

経営局就農・女性課就農促進G

代表:03-3502-8111(内線5195)
ダイヤルイン:03-3502-6469