このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

更新日:平成26年8月1日

担当:経営局就農・女性課

1. 農業を仕事にするってどんな感じ?

農業を仕事にする生活

実際に農業を仕事にしている方の、仕事内容や生活の様子はどのようになっているのでしょうか。2組の事例をご紹介します。

 

夫婦で独立して農業  ~やりがいと楽しさが原動力~

佐々木さん

佐々木 亨さん・祥子さん (秋田県)

 

<プロフィール>

 亨さんは、大学を卒業後、東京都内や大分県でIT関連の企業勤務を経て、平成20年(27歳のとき)に、兼業農家だった実家にて農業を始め、翌年に経営を継承した。実家でもともと生産していた水稲に加え、初年度は1人でネギにチャレンジ。その後、水稲の面積を増やしながら、ミニトマトやホウレン草など、作る野菜を工夫し、生産の体制を整えていった。平成23年に、同い年の祥子さんと結婚。以降は、祥子さんも参画し、夫婦2人が主体となって「五平農園」の経営を行っている。

詳しい紹介はこちら

 

農業の会社に勤務  ~作る楽しさ+お客様の「おいしい」を感じたい!~

岩本さん

岩本 嘉見磨さん(山形県) 

 

<プロフィール>

東京都出身。小学校の授業で行ったバケツ稲づくりの楽しさから農業に興味を持ち、高校から神奈川県の農業アカデミー卒業までの5年間、農業を学ぶ。学生時代の飲食店でのアルバイト経験を通じて、生産と販売(接客)を両立することに魅力を感じ、平成21年に国立ファーム有限会社に、平成23年にはグループ会社である山形ガールズ農場に入社した。

詳しい紹介はこちら 

 

仕事としての農業の魅力を紹介 ~パンフレット「earth×仕事」について~

earth×仕事表紙  ページ例

表紙(PDF:808KB)  P2-3(PDF:1,745KB)  P4-7(PDF:1,717KB)  P8-9(PDF:1,284KB)  P10-13(PDF:1,863KB)  P14-15(PDF:1,155KB)  P16-17(PDF:1,064KB)  P18-19(PDF:1,079KB)

P20-21(PDF:1,147KB)  P22-23(PDF:1,068KB)  P24-25(PDF:1,139KB)  P26-27(PDF:1,198KB)  P28-29(PDF:1,053KB)  P30-31(PDF:1,056KB)  P32-33(PDF:1,041KB)  P34-35(PDF:1,078KB)

P36-37(PDF:1,763KB)  P38-39(PDF:1,537KB)  裏表紙(PDF:820KB)

 

「農業ビジネスで成功したい」「良いものを作りたい」「自然の中で働きたい」「自分のペースで働きたい」という4つの志向別に生き生きと働く新規就農者や青年農業経営者16人の姿を通じ、「仕事としての農業」の魅力を紹介しています(平成26年2月 株式会社リクルートジョブズ発行)。

 

earth×仕事がこんなふうに活用されています!New 

「earth×仕事」の活用事例を紹介します。

皆様のお近くでもこのような活用のご希望がございましたら、経営局就農・女性課(電話:03-3591-5831、平日9時30分~17時00分)までご連絡ください!

群馬県立中之条高校での活用事例

中之条高校

群馬県立中之条高校(群馬県中之条町)では、「earth×仕事」を授業の副教材として活用。学生からは、「農業ってやはりいいなと思った」、「楽しい面だけでなく大変な部分もしっかり書いてあって、農業をやってみたいと感じた」、「農業の職業としての誇りや大切さが分かった」、「農業法人へ就職してみたくなった」などの感想が寄せられています。

大阪府立中之島図書館での活用事例

 中之島図書館1  中之島図書館2


大阪府立中之島図書館(大阪府大阪市北区中之島)では、これから事業を始めようとする人、営業や企画のためのデータを探している人、キャリアアップしようとする人等に、必要な資料・情報を提供することを目的に「ビジネス支援サービス」を行っています。「earth×仕事」をビジネス資料室の調査相談カウンターと配布物用書架に置いたところ、半月で約70部を配布しました。

実際に農作業を体験してみる

農作業や農村での生活について、イメージを具体化するためには、実際に体験してみるのが一番です。農業法人等でのインターンシップや、余暇を利用したグリーンツーリズム、市民農園等で、農作業や農村での生活を体験することができます。

 

全国の農業法人で実施されており、経営作目ごとにさまざまな農作業を体験できます。

農山漁村地域において自然、文化、人々との交流を楽しむ滞在型の余暇活動です。

自治体等が開設している市民農園で気軽に農作業を体験できます。

 

本格的に農業を仕事にしてみたい、と思ったら・・・

2.就農したい!何から始めればいい?

農業を始めたいけれど、「どこに相談に行けばいいんだろう」「何が必要になるんだろう」とお悩みの方。

まずは情報収集から始めてみませんか。

 

お問い合わせ先

経営局就農・女性課
代表:03-3502-8111(内線5190)
ダイヤルイン:03-3501-1962
FAX:03-3593-2612