このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

環境との調和に配慮した事業実施のための調査計画・設計の手引き

  • 印刷

目次

はじめに(PDF:8KB)

第1章  総論(PDF:316KB)

  1.1  手引きの目的   p.1

  1.2  取り扱う範囲   p.2

  1.3  農村の自然環境の特質   p.3

  1.4  今回の対象範囲における生物の生息・生育環境   p.4

1.4.1  水田を生息・生育環境とする多様な生物    p.4

1.4.2  ため池を生息・生育環境とする動植物    p.6

1.4.3  水田と水路、ため池の連続性の意義    p.7

1.4.4  農業用用排水路から水田の周辺に生息・生育する動植物(事例)   p.7

  

第2章  環境配慮のための調査計画の仕組み(PDF:198KB)

  2.1  新たに整備する基本的な仕組みの概要    p.8

  2.2  田園環境整備マスタープラン    p.9

  2.3  環境に係る情報協議会    p.10

  2.4  環境相談員    p.11

  

第3章  調査(PDF:821KB)

  3.1  調査の必要性    p.13

  3.2  概査(予備調査)    p.13

  3.3  調査方針の決定    p.15

3.3.1  調査方針の重要性    p.15

3.3.2  調査方針の策定方法    p.16

3.3.3  調査方針を取りまとめる上の留意事項    p.19

  3.4  精査    p.21

3.4.1  調査の実施    p.21

3.4.2  調査実施上の留意事項    p.22

3.4.3  調査報告書の取りまとめ    p.26

  

第4章  計画(PDF:1,465KB)

  4.1  基本事項    p.28

4.1.1  「環境との調和への配慮」の内容    p.28

4.1.2  早期からの住民参加の重要性    p.30

  4.2  計画策定の基本的考え方    p.31

4.2.1  環境への影響を緩和するための方法 (ミティゲーション5原則)    p.31

4.2.2  農村の自然生態系保全のための空間的視点    p.33

4.2.3  水域及び緑のネットワークの確保(ネットワークの原則)    p.35

  4.3  計画の策定    p.37

4.3.1  保全対象種の設定    p.37

4.3.2  整備する環境条件と実施するエリアの検討    p.39

4.3.3  施設計画の検討    p.41

4.3.4  維持管理計画の検討    p.42

4.3.5  計画策定上の一般的留意事項    p.43

4.3.6  設計段階への引継    p.44

  4.4  地域合意形成のための活動    p.46

4.4.1  地域住民参加による計画づくり    p.46

4.4.2  地域での合意形成    p.47

4.4.3  合意形成を図る上での行政の役割    p.48

4.4.4  地域の調整役としての留意点    p.49

  

5章  設  計

  5.1  設計にあたっての基本事項(PDF:69KB)    p.51

5.1.1  基本的考え方    p.51

5.1.2  創意工夫による設計施工    p.52

5.1.3  設計基準の柔軟な適用    p.53

  5.2  設計にあたっての検討事項(PDF:1,525KB)    p.54

5.2.1  基本検討事項    p.54

5.2.2  生物の生息・生育環境の確保    p.55

5.2.3  構造物としての基本条件の確保    p.57

5.2.4  環境に配慮した資材の利用    p.58

5.2.5  生物の生息・生育条件の確保と経済性 ・維持管理作業性のバランス    p.59

  5.3  設計の進め方(PDF:3,076KB)    p.61

5.3.1  設計の手順    p.61

5.3.2  設計条件の設定    p.63

5.3.3  路線設計    p.64

5.3.4  水路断面・工法選定の考え方    p.66

5.3.5  水理設計    p.72

5.3.6  縦断設計(連続性の確保)    p74

5.3.7  横断設計・工法の選定    p.77

  5.4  施工計画・実施上の留意点(PDF:27KB)    p.82

  5.5  モニタリング(PDF:77KB)    p.84

引用文献・参考文献(PDF:8KB)    p.86

別紙1

別紙2

参考資料

おわりに(PDF:6KB)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader