ホーム > 組織・政策 > 農村振興 > ICID(国際かんがい排水委員会) > 世界かんがい施設遺産


ここから本文です。

更新日:平成28年3月31日

担当:農村振興局整備部設計課

世界かんがい施設遺産

 国際かんがい排水委員会(ICID)は、かんがいの歴史・発展を明らかにし、理解醸成を図るとともに、かんがい施設の適切な保全に資することを目的として、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したもの、卓越した技術により建設されたもの等、歴史的・技術的・社会的価値のあるかんがい施設を登録・表彰するために、世界かんがい施設遺産制度を創設しました。
登録により、かんがい施設の持続的な活用・保全方法の蓄積、研究者・一般市民への教育機会の提供、かんがい施設の維持管理に関する意識向上に寄与するとともに、かんがい施設を核とした地域づくりに活用されることが期待されています。
 その詳細な対象施設、登録基準などについては、次のURLでご確認ください。 

REGISTER OF ICID HERITAGE IRRIGATION STRUCTURES ( HIS )(ICID本部ウェブサイト、英語)(外部リンク)

平成28年度国内申請手続

平成28年度の国内申請募集は終了しました。

 

(参考)世界の登録施設数及び日本における世界かんがい施設遺産

これまでの世界の登録施設数、及び日本の登録施設の詳細については、全国水土里ネットのウェブサイトからご覧いただけます。

世界かんがい施設遺産(全国水土里ネット ウェブサイト)(外部リンク)

 

(参考)平成27年度世界かんがい施設遺産登録施設

平成27年10月12日(月曜日)にフランス共和国モンペリエ市で開催された第66回国際執行理事会において、下記の施設が世界かんがい施設遺産に登録されました。

施設の詳細については外部リンク先をご参照ください。

1. 上江用水路(うわえようすいろ)(新潟県上越市、妙高市)(外部リンク)

2. 曽代用水(そだいようすい)(岐阜県関市、美濃市)

3. 入鹿池(いるかいけ)(愛知県犬山市)(外部リンク)

4. 久米田池(くめだいけ)(大阪府岸和田市)(外部リンク)

 (全4施設)

(参考)平成26年度世界かんがい施設遺産登録施設

平成26年9月16日(火曜日)に大韓民国光州広域市で開催された第65回国際執行理事会において、下記の施設がかんがい施設遺産に登録されました。

施設の詳細については外部リンク先をご参照ください。

1. 稲生川(いなおいがわ)(青森県十和田市他)(外部リンク)

2. 雄川堰(おがわぜき)(群馬県甘楽町)(外部リンク)

3. 深良用水(ふからようすい)(静岡県裾野市他)(外部リンク)

4. 七ヶ用水(しちかようすい)(石川県白山市他)(外部リンク)

5. 立梅用水(たちばいようすい)(三重県多気町他)(外部リンク)

6. 狭山池(さやまいけ)(大阪府大阪狭山市)(外部リンク)

7. 淡山疏水(たんざんそすい)(兵庫県神戸市他)(外部リンク)

8. 山田堰、堀川用水、水車群(やまだぜき、ほりかわようすい、すいしゃぐん)(福岡県朝倉市)(外部リンク)

9. 通潤用水(つうじゅんようすい)(熊本県山都町) (外部リンク)

 (全9施設)

お問い合わせ先

農村振興局整備部設計課海外土地改良技術室
担当者:海外企画班
代表:03-3502-8111(内線5560)
ダイヤルイン:03-3595-6339
FAX:03-5511-8251

ページトップへ


アクセス・地図