このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ニュースレター12号

  • 印刷

第4回世界水フォーラムにおける分科会

「よい統治に基づく持続可能な水田水利用と多面的機能《

(WWF4概要)

2006年3月16~22日、メキシコシティーで第4回世界水フォーラムが開催されました。
このフォーラムは、淡水に関する国際会議としては最大規模で、持続可能な開発の追及において、様々な利害関係者が参加し、国際的な水に関する政策立案に影響を与える話合いを行っています。

WWF4は「世界的課題解決に向けた地域の取り組み《をメインテーマに、[1] 成長と発展のための水、[2] 統合的水資源管理(IWRM)の実施、[3] すべての人のための水供給と衛生、[4] 食料と環境のための水管理、[5] 危機管理の5つの枠組テーマのもと開催されました。150以上の分科会が開かれ、政府や政府間組織、NGO、学会等から約1万9000人が参加しました。

フォーラムは3月21、22日に約140人の閣僚級会合で、管理について様々な視点で議論が交わされ、閣僚宣言が採択され閉会しました。

(セッション、パネルディスカッションについて)

セッションはINWEPFとICIDワークチームの共催という形で「よい統治に基づく持続可能な水田水利用と多面的機能《と題し実施しました。このセッションは、WWF4における5つのテーマのうち「食料と環境のための水《、横断的課題「科学・技術・知識の応用《に位置づけられます。

セッションではICIDのグループは、主に日本の事例を中心に、環境に配慮した農法に対する支援など実際に多面的機能の発現のために行われている具体的活動、今後の政策立案や貿易における「仮想環境《(virtual environment:農産物の貿易に伴う、輸出国・輸入国における水を含む相対的な環境影響)や国際条約への配慮の重要性について説明を行いました。

続いて、IWMIのMolden氏が水田の生態サービス(ecosystem services)に配慮した管理のあり方について発表を行い、灌漑システムの設計、建設、管理における多様な生態サービスへの配慮とそれによる水の生産性向上の重要性について明らかにしました。

次にINWEPFのグループは、多面的機能の概念や水田の水利用の特性と多面的機能の発現や、これまでのINWEPFの活動状況やその成果について発表を行いました。地域の取組として、INWEPF設立の背景・趣旨、これまでの活動としてバーチャルミーティングやINWEPFシンポジウムの結果等を発表しました。最後に第2回運営会議で合意された「INWEPF からWWF4 へ向けてのメッセージ《を発表しました。

[メッセージの概要]

  • 水田耕作地域における農業用水の多様な使用、役割、価値、効用、その他の側面は認識され、評価され、水資源開発計画と管理戦略に反映されるべきである。
  • 水計画、管理における地域社会の伝統的な知と経験、彼らの参加の価値は最大限に認知されるべきである。
  • 政府の援助(例えば政策、法、経済、能力開発、教育)は重要であり、またしばしば食料安全保障を達成し、貧困を削減し、環境を保護するために水田システムへの適切な投資、近代化、管理を行うために必要である。
    このメッセージはセッションの終了後、WWF4事務局に届けられました。

その後、パネルディスカッションが行われ、持続可能な水田農業の確立と多面的機能の概念の活用について議論が行われました。この中で、ラムサール湿地条約事務局という新しいパートナーの参画がありました。今後もこうした新しいパートナーとの連携を深めながら、多面的機能の概念の理解やその発現対策の適用に、幅広い理解を求めていくことが重要であると考えられます。

(しめくくり)

アジア地域における水田農業の現状や直面する多くの問題を考えるとき、経済性一辺倒のアプローチでは、長期的に水田農業システムを保全・維持することは上可能でありますので、多面的機能を含む新たなアプローチや施策の展開が必要です。

(その他)

  • 同フォーラム会期中に行われた非公式な会合の中で、タイ国チャチャイ海外投資プロジェクト部長から、第4回INWEPF運営会議のタイ国での開催への意欲が述べられました。
  • セッションに併せ、フォーラム会場内の展示ブース(水EXPO)にINWEPFのブースを設置しました。ブースではアジアの水田農業の持つ多面的機能についてのスライドやパネルの展示、資料の配布を行い、多数の来場者を集めました。
  • WWF4におけるINWEPF関係のイベントについては、INWEPFのHPにも掲載しておりますので、以下のURLを参考にご覧下さい。

今後の予定

  • 8月上旬 ~ 中旬:バーチャルミーティング
  • 9月9日~16日:ICID マレーシア クアラルンプール会議
  • 9月17日~19日:INWEPFマレーシア会議