このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

ニュースレター19号

  • 印刷

INWEPF・ICID共催ワークショップのご案内「アジアモンスーン地域の持続可能な水田農業《

INWEPF韓国国内委員会から2007年7月1日から3日まで開催されるINWEPF・ICID共催ワークショップのご案内です。韓国農林省と、国際水田・水環境ネットワーク(INWEPF)はINWEPF・ICID持続可能な干潮地域開発部会共催ワークショップ「アジアモンスーン地域の持続可能な水田農業《(干潟の水田農業の生産、水田農業の生物多様性と洪水防止)を開催します。このワークショップは韓国農林省の後援を受けて、KRC(韓国農業基盤公社)と韓国INWEPF国内委員会が運営します。

ワークショップの概要

タイトル:
INWEPF・ICID持続可能な干潮地域開発部会  共催ワークショップ

「アジアモンスーン地域の持続可能な水田農業《がワークショップのテーマとなり、それに三つのサブテーマ「干潟の水田農業の生産性《、「水田農業の生物多様性《、「水田農業の洪水防止《が付随します。

日時・開催地:
2007年7月1日~3日、韓国農漁村研究院

予定参加者
政府機関、国際機関、NGO、会合の講演者がワークショップ及びプログラムに参加できます。

言語
全ての発表は英語で行われます。

費用負担
ワークショップの講演者たちの宿泊施設及び航空運賃は韓国委員会が負担します。韓国ワークショップの後に、第4回INWEPF運営会議に参加する人々のために韓国滞在の間の宿泊施設は除かれますが、往復切符が提供されます。招致国で日本とタイを除いた各国の代表のための費用を主催国(韓国、タイ)で賄うことができます

登録方法
4月30日までに登録用紙で参加登録をしてください。登録用紙に必要事項を全て記入された後、事務局までFAX(+82 31 406 7278)または、メール(inwepf.korea@ekr.or.kr)で返送ください。電話による(+82 31 400 1741)を強く推奨します。(発信元:韓国委員会)