このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第3回運営会議・ワークショップ

  • 印刷

INWEPFマレーシア

文責:   Mr. Abdul Nassir Bidin

2006年9月17日から19日にかけてマレーシアのクアランプールで第3回INWEPF運営会議・ワークショップが成功裏に終了しました。
この会議はINWEPFマレーシアが主催し、「水田農業、現在、明日、そして未来《というテーマのもと、加盟国から総数42の参加者が出席しました。

INWEPFワークショップ「水田農業、現在、明日、そして未来《

初日:2006年9月17日

2006年9月17日に歓迎式典と今会議のINWEPF運営委員会議長であるケイズール国際かんがい排水委員会前会長の開会挨拶で会議は始まりました。続いてFAOのテリー・ファコン氏と、日本国内かんがい排水委員会の中村良太日本大学教授が基調講演を行われました。

基調講演に続いて、三冊の論点書が配られました。一つ目のタイトルは「参加国・地域での水田の多面的機能の現状《です。この論点書は配布のみで発表されました。二つ目は「貧困削減と食糧安全保障のための効率的かつ持続可能な水利用《と題され日本の農業工学研究所の山岡 和純室長から説明されました。

その後デビット グロンフェルト博士が2006年8月21日から2006年9月8日まで開かれたバーチャル会議の要約を発表しました。

ワークショップで議論の参加者を二つのグループに分けました。 議論の目的はINWEPFの行動計画の策定です。グループ1は長期行動計画の提言を表明し、グループ2は迅速な実行のためのいくつかの行動計画の提言を進めました。

二日目:2006年9月18日

会議参加者はマレーシア、クアランプールから150km南の水田かんがい地域を訪問しました。 また帰りにマレーシアの行政新首都のプトラジャヤに訪問することができました。

その間、2つのワークショップグループによって進められた提案は、INWEPFマレーシア委員会のアズハリ氏が中心となり、ファコン氏(FAO)とINWEPFマレーシア委員会のナシル氏らが参加するチームによって統合されました。その成果をクアラルンプールINWEPF 行動計画(試案)としました。

三日目:2006年9月19日

アズハリ氏(INWEPFマレーシア委員会)によるクアラルンプールINWEPF 行動計画(試案)の参加者への発表で三日目は始まりました。 この試案の主な特徴は下記の通りです。

a. INWEPFの目的に沿ったプログラム・プロジェクトを実行する五つのワーキンググループ設立の提言

b. INWEPFウェブサイトを使って配布するための加盟国によって進んで提供された国別計画案のリスト

参加者の討議の結果、ワーキンググループの数は三つに減らし、国別計画案はこれら三つのいずれかにグループ分けをすることが提案された。また今回の会議では詳細を運営会議で議論した後、実施を承認することに同意しました。

INWEPF第3回運営会議

議題 1: 議長、副議長の選出
ケイズール氏(INWEPFマレーシア委員会)を議長にワサン氏(INWEPFタイ委員会)を副議長に全会一致で選出しました。

議長は副議長に選出される際の参加者の支援に感謝の意を表明しました。

議題 2: 議題の選定
議題案は全会一致で選定されました。

議題 3:2005年から20006年の間のINWEPFの活動報告
INWEPF韓国委員会のイ  ボンウン氏から報告が発表された。主な項目はウェブサイトの管理、イベントの報告、この連絡経路を使ったグロンフェルト博士が議長を務めたバーチャルミーティングの推進と管理でした。バーチャルミーティングのテーマは「貧困削減と食糧安全保障のための効率的かつ持続可能な水利用《でした。

議題 4: 第4回世界水フォーラムの報告
INWEPF日本委員会の中條 康朗氏から報告がありました。2006年の3月16日から22日にメキシコで第4回世界水フォーラムが開かれ、146の政府からの2万以上の関係者と代表団がフォーラムに出席しました。INWEPFはこのフォーラムでの分科会を開催しました。また展示会、オープンフォーラムそしてパネルディスカッションから反響を得ました。WWF4の成果文書にINWEPFのメッセージを盛り込むことができました。

議題 5: アジア・太平洋水フォーラムの発表
特別招待者の日本水フォーラムの山口 範子氏が来年2007年にアジア・太平洋水フォーラムが開かれることを発表しました。日本水フォーラムはアジア・太平洋地域の参加国で構成された第4回世界水フォーラムで達成された合意と協定を履行するための組織です。

議題 6: 食料・水環境イニシアチブの発表
これはFAO専門家ファコン氏による特別な発表です。 FAOは日本と韓国のINWEPF委員会の業績を祝うと共にAPWFを歓迎しました。またFAOらによる食料・水環境イニシアチブについて紹介しました。FAOは彼らのプログラムに多面的役割と環境を考慮に入れ、プログラムの基礎を作る数ヶ月内にINWEPFに申し入れをするでしょう。

議題 7:ワークショップの成果*クアラルンプールワークショップ声明
会議はクアラルンプールワークショップ声明を検討しました。そして 最終的にクアランプール行動計画として承認されました。行動計画の主な特徴は三つのワーキンググループを組織し、それぞれグループごとに取りまとめ責任国を承認したことです。下記に詳細を記します。

WG1: 水田の多面的機能に関するWG
取りまとめ責任国:マレーシア

メンバー:
マレーシア、韓国、フィリピン、インドネシア、タイ、スリランカ、バングラディシュ、日本、エジプト、インド、ミャンマー、FAO

WG2: 政策の策定等に関するWG
取りまとめ責任国:韓国

メンバー:
韓国、日本、ミャンマー、インドネシア、ベトナム、バングラディシュ、FAO

WG3: 水田の多面的機能の貨幣換算評価に関するWG
取りまとめ責任国:日本

メンバー:
パキスタン、日本、韓国、ミャンマー、タイ、マレーシア、バングラディシュ、FAO

また会議で参加国が提案した一連の活動を受け入れました。

議題 8:規約の見直し
規約はおおむね認められましたが、参加国の実際の代表者について議論しました。今のところ公式の連絡先に関して明確なものがいくつかの加盟国にありません。日本と韓国には、正式なINWEPF委員会が既にあります。マレーシアはサブ組織としてマレーシアかんがい排水国内委員会(MANCID)の中でINWEPFの活動を行います。次のタイの会議までに全ての加盟国が正式な組織と事務局の代表者を提示することに合意しました。

INWEPFの資金調達は議論されましたが、会議では現時点で話し合う議題ではないと合意しました。しかし、長期的には重要な件になると留意しました。

議題 9:その他の議題

2007年度の主催国
2007年の第4回INWEPF運営会議はタイが主催することで合意しました。この会議は2007年7月に予定され、3日以上の日程が予定されます。また会議ではワーキンググループが正式な会合をもてる機会を作ることをタイに要求しました。

2008年度の主催国
インドネシアは、2008年の第5回INWEPF会議を主催すると申し出ました、そして、会議は全会一致でこの提案を受け入れました。 INWEPF会議ではバリで次の会合が行われると考えています。

最後に、ケイズール氏がワークショップと会議のすべてのメンバーにその貢献について感謝しました。また全ての寄稿者とINWEPFマレーシアのワークショップ及び会議の開催への取り組みに対して感謝の意が記されました。