このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

合同シンポジウム・第7回運営会議

  • 印刷

2010年10月27日から29日にかけて、韓国のチェジュ島で、INWEPFとPAWEESとの合同シンポジウム・第7回INWEPF運営会議が開催され、成功裏に終了しました。
この会議はINWEPF韓国委員会が主催し、合同シンポジウムでは、「気候変動と食料危機」、「持続可能なかんがい技術」というテーマのもと11名が発表し、加盟国から60名以上の参加者が出席しました。

結果概要

初日

2010年10月27日

開会式では、冒頭、主催者のINWEPF韓国委員会を代表して、同委員長Hwang- Keun Chungより開会の挨拶があった。その後、韓国のKim Sun-Joo氏(Konkuk大学教授)及び日本の佐藤政良氏(筑波大学教授)より、基調講演が行われた。
基調講演が終了した後、合同シンポジウム、INWEPFとPAWEESに分かれた別々のセッションがおこなれ、各国INWEPF代表者やPAWEES関係者のほか学識者など多くの方から参加があった。

二日目

 2010年10月28日

2009年11月のINWEPF第6回運営会議において再編された3つのWG(ワーキンググループ)の活動について、各WG会合で今後の活動方針を議論し、第7回運営会議において、INWEPFの方針として承認した。

三日目

2010年10月29日

チェジュ島内において、現在実施中のPanpo農村開発プロジェクト、Panpo汚水処理施設(農業用水の再利用)プロジェクト、Ongpo農業用水開発プロジェクトの現場を視察した。

 

INWEPF第7回運営会議の結果

運営会議 第1部

議題1:議長、副議長の選出

INWEPF韓国委員会からの提案後、全会一致で韓国のYoon, Chun Gyeong氏(Konkuk大学教授) が議長を努めることとなり、その後、マレーシアのMohd Yazid Bin Abdullah氏(農業省かんがい農業排水課総括補佐)が副議長に選ばれた。

議題2:2009年から2010年の間のINWEPFの活動報告

昨年の開催国である日本から昨年度の第6回運営会議後の各WGの活動等の報告があった。WG1の活動としては、2010年6月にタイICIDと合同開催した第1回タイINWEPFシンポジウム、9月にフィリピン・イフガオの棚田で行った多面的機能の価値の定量化に向けた現地調査について報告があった。

WG2の活動としては、「生産性と環境保全の調和」のカントリーレポートの作成に関する報告があった。

WG3の活動としては、参加型水管理に関する制度等に関する報告があった。

議題3:2011年に向けた方向性の検討

開催国である韓国より、INWEPFの今後の取り組み、第6回世界水フォーラム(WWF6)でのINWEPF活動の発信についての提案があった。

WGミーティング

各WGで、TORの修正確認、今後1年間の行動計画の策定等について議論

 

運営会議 第2部

議題4:各WGの報告

WGミーティングの後、各WGのリーダ国より結果を報告。

議題5:ICID会議の報告

韓国から、ICIDインドネシア会議の結果概要を報告。

議題6:2010年の大臣会合の報告

日本から、2010年に日本の新潟で開催された食料安全保障に関するAPEC大臣会合の結果を報告。

議題 7:INWEPFの戦略活動計画の議論(2010-2011)

議題 8:各WGのTOR修正

議題 9:今後3年のINWEPF運営会議の主催国承認

第8回INWEPF運営会議:マレーシア

第9回INWEPF運営会議:ミャンマー

第10回INWEPF運営会議:タイ

 

議題10:その他

第6回WWFの準備に向け、タスクフォースチームを結成した。このタスクフォースチームは、日本、韓国、マレーシア、ミャンマー、タイの5カ国により構成される。