このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

第7回世界水フォーラム in 韓国

  • 印刷

第7回世界水フォーラムは、韓国の大邱市及び慶州市で2015年4月12日~17日に開催されました。「未来のための水」をテーマとし、168ヶ国から約4万1千人が参加しました。
INWEPFは、サイドイベントにおいてワークショップを開催するとともに、Global Water Initiative(GWI)とアジア開発銀行(ADB)が主催するテーマプロセスのセッション2.1.5に参加し、さらには、日本パビリオン内にINWEPFの活動を紹介するブースを設置しました。

 

INWEPFワークショップの開催

日時:4月13日 11時20分~13時20分

主催:INWEPF

テーマ:より良い水管理のための地域ネットワークの強化

内容:

・ 冒頭、小林農村振興局次長の開会挨拶の後、各発表者による活動紹介、パネルディスカッションを行った。

・ 活動紹介では、宮崎海外土地改良技術室長よりINWEPFの概要紹介、マレーシアより多面的機能の貨幣価値換算の取組、韓国より世界農業遺産(GIAHS)を通じた多面的機能の発揮の取組、タイより参加型水管理に係る南南協力の取組について紹介を行った。

・ パネルディスカッションでは、「より良い水管理のための地域ネットワークの強化」をテーマに、八丁信正近畿大学農学部教授の進行の下、4名のパネリスト(日本(宮崎海外土地改良技術室長)、韓国、マレーシア、スリランカ)により、ネットワーク強化に向けて議論を行った。

・ 会場には60名以上の聴衆が参加し、INWEPFネットワーク国及び対象分野の拡大が提案されるなど闊達な議論が行われた。

・ 最後に、八丁教授より、INWEPFからWWF7に向けたメッセージを発信した。

 

ワークショップのプログラム(PDF:855KB)

INWEPFから第7回世界水フォーラムへのメッセージ(PDF:260KB)

 

 会場概観1  会場概観2  会場概観3
 開会挨拶の様子1  開会挨拶の様子2  発表の様子1
 発表の様子2  発表の様子3  発表の様子4
 討論会の様子1  討論会の様子2  討論会の様子3

テーマプロセス・セッション2.1.5に参加

日程:2015年4月15日

主催:GWI、ADB

テーマ:かんがい農業における革新

内容:

佐藤洋平 国際かんがい排水委員会(ICID)日本国内委員会委員長は、「参加型水管理の成功要因」をテーマに発表するとともに、この中でINWEPFの活動について情報発信した。 

 

 発表の様子1  発表の様子2

日本パビリオン内にブース設置

日本パビリオンにおいて、INWEPFの活動を開催期間を通して行った。

 

 日本パビリオンの様子1  日本パビリオンの様子2  日本パビリオンの様子3
 

お問い合わせ先

農村振興局整備部設計課海外土地改良技術室
担当者:海外調整第1係
代表:03-3502-8111(内線5560)

 

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader