このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

合同シンポジウム・第8回運営会議

  • 印刷

2011年11月1日から3日にかけて、マレーシアのペナン島で、INWEPFマレーシア国内委員会主催により、INWEPFとICIDマレーシア国内委員会の合同シンポジウム、第8回INWEPF運営会議が開催され、成功裏に終了しました。
この会議はINWEPFマレーシア委員会が主催し、合同シンポジウムでは、「持続可能な農業用水利用」、「水田の多面的機能」というテーマのもと11名が発表し、加盟国から128名の参加者あった。

結果概要

初日

2011年11月1日

開会式では、冒頭、主催者のINWEPFマレーシア委員会を代表して、同委員長Mohd Amin Mohd Soonより開会の挨拶があった。その後、ICIDの前副会長カリム・シアティ(Karim Shiati)より「持続可能な農業用水利用, 水田の多面的機能」及び日本の大阪府立大学教授である堀野治彦氏より、「水田かんがい用水の多面的機能(滋賀県湖北地域の事例)」の基調講演が行われた。

基調講演が終了した後には、合同シンポジウムが行われ、8名からの「持続可能な農業用水利用」、3名から「水田の多面的機能」のテーマに関する発表が行われた。

このシンポジウムには、各国INWEPF代表者やマレーシアICID国内委員会関係者など多くの方から参加があった

二日目

 2011年11月2日

2009年11月のINWEPF第6回運営会議において決定した、WWF6に向けた再編された3つのWG(ワーキンググループ)の活動について、各WG会合で今後の活動方針を議論し、第8回運営会議において、INWEPFの方針として承認した。

三日目

2011年11月3日

マレーシアの国立米博物館、ムダ農業開発公団の現場を視察した。

 

INWEPF第8回運営会議の結果

運営会議 第1部

議題1:議長、副議長の選出と議事

INWEPFマレーシア委員会からの提案後、全会一致でマレーシア国内委員長の Mohd Amin Mohd Soon氏 が議長を努めることとなり、ミャンマーのKyaw Myint Hlaing 氏(農業灌漑省灌漑局長)が副議長に選ばれた。その後、議長より、議題の発表がされた。

議題2:2010年から2011年の間のINWEPFの活動報告

昨年の開催国である韓国から昨年度の第7回運営会議後の各WGの活動等の報告があった。             WG1の活動としては、2010年12月21~22日にタイ(バンコク)で開催されたFAO地域会議への出席、2011年3月2~4日にマレーシア(ペナン)で第1回INWEPFタスクフォース会議の開催、7月2日にタイ(チェンマイ)で開催された国家プロジェクト(Huai Hongkrai Royal Project)現地視察参加、8月31~9月3日にタイで行った生物による水質改善の研究を行っている現地調査とWG1会議の開催について報告があった。

WG2の活動としては、「生産性と環境保全の調和」のカントリーレポートの作成に関する報告があり、10カ国からのカントリーレポートの提出をもとにした統合レポートの作成状況、韓国国内委員会が9月20日に韓国で開催された第6回世界水フォーラムのアジア太平洋地域会議への参加、9月27日にタイ国内委員会と行ったWG2会合について報告があった。

WG3の活動としては、参加型水管理のためのガイドライン作成と南南協力実施のための専門家リスト作成に関する報告があり、8カ国からの参加型水管理の事例をもとに参加型水管理活動のための暫定ガイドラインの作成、7カ国からの南南協力実施のための専門家リストの作成状況について報告があった。

議題3: 2010年から2011年の戦略行動計画とし行うこととされた追加ニュースレターの作業状況説明

第7回運営会議で決定した追加ニュースレターの作業状況について、日本より説明があった。

議題4:第1回タスクフォース会議及び、第2回タスクフォース会議の結果報告

2011年3月3日にマレーシアで開催した第1回タスクフォース会議及び、8月4日にタイで開催した第2回タスクフォース会議の結果報告について、日本より説明があった。

議題5:第2回アジア太平洋水サミット、第6回世界水フォーラムに向けたINWEPFからのメッセージ(案)の提案

第2回アジア太平洋水サミット、第6回世界水フォーラムに向けたINWEPFからのメッセージ(案)について、日本より提案があった。

議題6:第6回世界水フォーラム後のINWEPFの活動検討の提案

第6回世界水フォーラム後のINWEPFの活動検討について、日本より提案があった。

WGミーティング

各WGで、TORの修正確認、今後1年間の行動計画の策定等について議論。

 

運営会議第2部

議題 7:WGの報告

WGミーティングの後、各WGのリーダ国より結果を報告。

議題 8:第2回アジア太平洋水サミット、第6回世界水フォーラムに向けたINWEPFからのメッセージ(案)の議論

 各WGミーティングの結果を踏まえ、第2回アジア太平洋水サミット、第6回世界水フォーラムに向けたINWEPFからのメッセージ(案)の議論が行われた。

議題 9:INWEPFの戦略活動計画の議論(2011-2012)

各WGミーティングの結果を踏まえ、INWEPFの戦略活動計画(2011-2012)の議論が行われた。

議題10:WGのTOR修正(2011TOR)

各WGミーティングの結果を踏まえ、各WGのTOR修正(2011 TOR)の議論が行われた。

議題11: APEC食料安全保障大臣会合のフォローアップとしてのワークショップ開催連絡(2012年、日本開催)

2010年に日本で開催されたAPEC食料安全保障大臣会合のフォローアップとして、2012年に開催されるワークショップの連絡について、日本より連絡があった。

 

議題12:その他

  • 2015年に開催される第11回INWEPF運営会議がパキスタンで開催されることとなった。
  • 日本より、7ヶ月前に東日本大震災の被害と復興に向けた取り組み状況について発表が行われた。

 

 

お問い合わせ先

農村振興局整備部設計課海外土地改良技術室