このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

FAO-オランダ共催国際会議

  • 印刷

「食料と生態系のための水《国際会議

2005年1月31日から2月4日にかけてオランダ国ハーグにて、FAOとオランダは「食料と生態系のための水《国際会議を開催した。同会議は食料と生態系に配慮した持続的な水利用に関する既存の国際約束の履行促進を意図とします。

同会議の目的は、水資源の評価、分配及び規制に関する健全、効率及び公平的な意思決定を促進するために、多様なステークホルダーと協力しつつ、食料と生態系に配慮した持続的な水利用を推進することであります。

2005年2月1日、世界にメッセージを発信するために、同会議でINWEPFは特別セッションを設ける予定です。特別セッションでは、水田農業が持つ多面的機能と外部性を水管理における意思決定に考慮することの重要性を議論する機会を与えるものであります。

特別セッションでは、日本INWEPF国内委員会事務局とINWEPFコミュニティから2人の研究者がプレゼンテーションを行います。

松本  雅夫 / 小野寺  文彦
INWEPF日本事務局
「水田における水管理の特性とINWEPFの設立(英語)《(PDF:2,000KB)

David Groenfeldt,
コーディネーター,
Indigenous Water Initiative, アメリカ合衆国
「農業用水の多面的機能:食料生産と生態系を超えて《(英語)(PDF:98KB)

山岡  和純,
(独)農業工学研究所
用水管理研究室  室長
「持続的な水田農業と生態系のためのニューエコノミーの適用《(英語)(PDF:406KB)
プレゼンテーションのスライドはこちらから(英語)(PDF:873KB)

詳細な情報はこちらから。「食料と生態系のための水《(英語)[外部リンク]

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader