このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

令和元年度多面的機能支払交付金全国研究会~活かそう人材、地域の宝~

1.開催日時及び場所

年月日
時間
内容
場所
令和元年11月6日(水曜日)
13時00分から17時00分まで
第一部:基調講演
第二部:事例発表
第三部:パネルディスカッション
一橋大学一橋講堂
※一橋大学一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋 2-1-2学術総合センター内)
東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線神保町駅(A8・A9出口)から徒歩4分
東京メトロ東西線竹橋駅(1b出口)徒歩4分
アクセスはこちらからご確認いただけます。(http://www.hit-u.ac.jp/hall/accessjp.html(外部リンク)

2.内容(予定)

  第一部講演「多面的機能支払制度5年間の総括と今後の展望」

   多面的機能支払制度の創設から5年が経過したことを踏まえ、5年間の総括を報告し、行政の視点、消費者の視点から制度の効果を評価します。
 1)5年間の総括
    2)消費者から見た多面的機能支払交付金活動への期待

  第二部事例発表

テーマ毎に、先進的に取り組んでいる活動組織から取組の概要を発表してもらい、情報共有を通じて活動の更なる充実を目指します。

テーマ1)女性役員の活躍による活動の広がり
テーマ2)土地改良区との協力体制構築による活動の効率的な推進


  第三部パネルディスカッション

事例発表者や活動組織等で活躍する方々に登壇いただき、女性の活躍による効果や今後の展望について議論し、活動の更なる充実を目指します。

テーマ)女性の活動への参画、女性を含んだ組織づくり等について

3.参加者及び定員

【参加者】
多面的機能支払交付金の活動組織の構成員
地方公共団体、推進組織の担当者等

【定員】
400名程度

4.参加申込要領

(1)申込方法

今年度の参加申込は終了いたしました。

(2)申込締切

今年度の参加申込は終了いたしました。

(3)参加者の決定通知

参加申込の締切後、参加者について事務局で決定し、令和元年9月13日(金曜日)17時00分までに電子メールにてご連絡いたします。なお、万一お申込が定員を上回りご参加いただけない場合も、その旨ご連絡いたします。

(4)参加に際しての留意事項

参加される方は、入場時に受付で身分証明書(運転免許証等)をご提示いただきます。
参加に当たり、次の留意事項を遵守してください。これらを守れない場合は、参加をお断りすることがあります。
(ア)事務局の指定した場所以外の場所に立ち入らないこと。
(イ)携帯電話等音の鳴る機器については、必ず電源を切るか、音が鳴らない設定にすること。
(ウ)開会中は静粛を旨とし、以下の行為を慎むこと。
開会中の入退場(ただし、やむを得ない場合は除く)
会場においてカメラ、ビデオ、ICレコーダー、ワイヤレスマイク等の使用
新聞、雑誌その他関連のない書類等の読書
飲食及び喫煙
(エ)鉄砲刀剣類その他危険なものを会場に持ち込まないこと。
(オ)その他、事務局の指示に従うこと。

 

お問合せ先

農村振興局整備部農地資源課多面的機能支払推進室

代表:03-3502-8111(内線5618)
ダイヤルイン:03-6744-2447
FAX番号:03-3592-0302