このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

子ども農山漁村交流プロジェクトとは?

  • 印刷

概要

「子ども農山漁村プロジェクト」は、農林水産省、文部科学省、総務省が連携して、子どもたちの学ぶ意欲や自立心、思いやりの心、規範意識などを育み、力強い成長を支える教育活動として、小学校における農山漁村での長期宿泊体験活動を推進するものです。

将来的に、毎年、全国2万3千校で農山漁村における長期宿泊体験活動を行えることを目指し、 (1)農山漁村における宿泊体験の受け入れ体制の整備 、(2)受入地域と小学校等における連携活動の強化等を進めていきます。

特徴

  • 長期の宿泊体験活動
  • 農林漁家での民泊により農山漁村の生活を体験
  • 農林漁業体験を通して食の大切さを学ぶ

児童は我が家を離れ自然豊かな農山漁村に宿泊し、普段の生活とは異なる環境や人間関係の中に身を置き、様々な実体験を行うことは、子どもたちの新たな一面を引き出し、成長を促す効果があります。

加美町グリーンツーリズム推進会議りんご摘花体験群馬県片品村受入地域協議会 稲刈り

期待される教育的な効果

このプロジェクトでは、力強い子どもの成長を支える教育活動として、様々な教育的効果が期待されています。

 

学ぶ意欲や自立心が育まれる

豊かな自然の中で多くの体験を重ねる事で、児童の好奇心や学ぶ意欲が育まれ、学校教育が目指す「生きる力」につながります。また、親元から離れ家事や食事の手伝いをし、農林漁業体験を行うことで、子どもたちが一段とたくましく成長します。

 

食の大切さを学べる

生産や収穫活動を自ら体験することで、食べ物の大切さを再認識することができます。また、森林、水、食料、環境などを支える農山漁村の営みと日常生活のつながりから、命の根源を知ることができます。

 

思いやりの心や豊かな人間性社会性などが育まれる

仲間との長期の宿泊体験を通じて、学校生活では発揮されない互いの新たな一面を知ることができるとともに、共同生活や共同作業により、思いやりの心や豊かな人間性社会性などが育まれます。

 

社会規範や生活技術が身に付く

農林漁家での民泊や地域住民との交流活動など、親以外の幅広い世代とのふれあいが、子どもたちのコミュニケーションを高めるとともに、社会規範や生活技術や知恵などを身につけることに役立ちます。

 愛称は「ふるさと子ども夢学校」

子ども農山漁村交流プロジェクトの愛称を募集した結果、平成18年4月28日から5月9日までの応募期間に、全国から1,356件のご応募を頂きました。

ご応募いただいたすべての愛称案について、全国推進協議会による厳正なる審査の結果、「ふるさと子ども夢学校」(ふるさとこどもゆめがっこう)に決定しました。

命名者は加賀谷辰夫さん(富山県小矢部市)です。

愛称も決まり、本格的に始動した本プロジェクトは、今後も受け入れ地域をさらに増やし、活動の幅を広げていきます。

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課
担当者:グリーンツーリズム班
代表:03-3502-8111(内線5447)
ダイヤルイン:03-3502-0030
FAX:03-3595-6340