このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農観連携の取組

農林水産省と観光庁は、農山漁村の魅力と観光需要を結びつける取組を推進し、農山漁村の活性化と観光立国の実現を図るため、「農観連携の推進協定」を平成26年1月17日に締結しました。

このページでは、農観連携に関する情報を掲載しています。

趣旨・目的

「和食」のユネスコ無形文化遺産登録や、2020年オリンピック・パラリンピック競技大会の東京開催決定を機に、日本への関心の高まりや訪日外国人旅行者の増加が見込まれる中、農林水産省と観光庁との連携による相乗効果により、我が国の農山漁村が有する魅力で国内外の観光客を惹きつけ、活力ある農山漁村の構築や各地域及び日本ブランドの確立を目指し、観光立国の実現を図るものとします。

当面の課題

  1. 農林漁業体験等のグリーン・ツーリズムと他の観光の組合せによる、新たな観光需要の開拓
  2. 森林浴やアウトドアスポーツ等、森林を活用した観光の振興
  3. 国産農林水産物・食品、木工品等を活用した観光地域の魅力の向上
  4. 地域の多様な食文化、世界農業遺産(GIAHS)、歴史的木造建築物等、我が国の農山漁村の有する地域資源についての発信の強化
  5. 訪日外国人旅行者を農山漁村へ呼び込むための地域資源の発掘・磨き上げ、受入環境整備やプロモーションの推進
  6. 農山漁村を訪問・滞在する旅行者についての調査・分析に基づく施策の検討

 

トピックス

農観連携のモデル事例を掲載しました(平成26年6月)

地域における農観連携を図っていくためには、農林水産分野と観光分野が連携したモデルとなる事例を選定し、他地域へ周知することによって、横展開を図っていくことが重要です。
このため、農観連携の係るモデル事例を選定し、公表します。

<選定の観点>

農林漁業者と観光事業者が連携した取組であること。

農山漁村地域が持つ魅力を観光資源として活用した取組であること。

 

<モデル事例>

観光事業者等と連携したグリーン・ツーリズムの取組 (分割版1(PDF:1,057KB),分割版2(PDF:1,586KB)

森林を活用した観光の取組 (分割版1(PDF:1,234KB),分割版2(PDF:1,274KB)

地域ならではの食を活用した観光の取組 (分割版1(PDF:1,085KB),分割版2(PDF:1,939KB)

 

「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2014」が公表されました(平成26年6月)

我が国では、関係省庁が連携し、訪日外国人旅行者数2,000万人の高みを達成するために必要となる施策をまとめた「アクション・プログラム」を取りまとめています。

本プログラムには、農観連携の施策についても盛り込まれています。

【観光庁ホームページ】(外部リンク)

 

農観連携の関連施策

農観連携に関する農林水産省の施策を御紹介します。(農林水産省等ホームページへのリンク)

【グリーン・ツーリズムと都市と農山漁村の共生・対流】

【農山漁村の6次産業化】

【レクリエーションの森(国有林)】

【森林レクリエーション活動等への支援(森林・山村多面的機能発揮対策交付金)】

関連リンク先(外部リンク)

【グリーン・ツーリズム】

グリーン・ツーリズム((一財)都市農山漁村交流活性化機構ホームページ)
http://www.kouryu.or.jp/gt/

Authentic Visit Japan(訪日外国人旅行者向けグリーン・ツーリズム紹介サイト)
http://www.authentic-visit.jp/

【和食】

日本の食でおもてなし
http://syokuryo.jp/omotenashi/

2015年ミラノ国際博覧会日本館
http://www.expo2015.jp/

 【6次産業化】 

第6チャネル
http://www.6-ch.jp/

【木づかい運動】

木づかい.com(木づかい情報サイト)
http://www.kidukai.com/index.php

森のチカラで、日本を元気に。(木づかい×東北復興支援サイト)
http://mori-zukuri.jp/tohoku/

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課
担当者:グリーン・ツーリズム班 志田、関
代表:03-3502-8111(内線5447)
ダイヤルイン:03-3502-0030
FAX:03-3595-6340