このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

都市農業の6つの機能

都市農業の6つの機能

・景観創出 機能

まちのなかにうるおいやゆとりのある景観をつくりだします。詳しくはこちら[外部リンク]

・交流創出 機能

農業体験などによる交流が生まれコミュニティの維持・形成が図られます。詳しくはこちら [外部リンク]

・食育・教育 機能

農地や農産物を利用した教育や食育の場を提供します。詳しくはこちら[外部リンク]

・地産地消 機能

新鮮な地域産の農産物を都市住民に供給します。地産地消がまちおこしにつながります。詳しくはこちら[外部リンク]

・環境保全 機能

まちの気温を下げて涼しい空気をつくります。水をきれいにします。生物多様性を保全します。詳しくはこちら[外部リンク]

・防災 機能

防災用地を提供します。災害時に食糧や水を提供します。火災時の延焼を防ぎます。豪雨時の洪水を緩和します。詳しくはこちら[外部リンク]

災害に備えたオープンスペース

都市農地は、災害時における延焼の防止や地震時における避難場所、仮設住宅用地など災害時にオープンスペースを提供するなどの役割を果たしており、地方自治体において、農家や関係団体の協力を得て防災協力農地等の取組が進められています。

<防災協力農地とは>

平成7年の阪神・淡路大震災以来、都市農地のオープンスペースとしての防災機能が再認識されるようになり、農家が所有する農地について、地方自治体が農家等と災害発生時の避難空間、仮設住宅建設用地等として利用する内容の協定を自主的に締結する取組等をいいます。

三大都市圏特定市における防災協力農地等の取組状況(平成30年3月31日現在)(PDF : 297KB)

防災協力農地:災害時に避難場所等として利用できる防災協力農地の案内標識

 

都市農業のはたらきを伝えよう(チラシ・パネル等)

こちら[外部リンク] で、都市農業の多面的機能を紹介する情報発信素材を公開しています。

都市農業のはたらきをPRする目的であれば、無償にてご自由にご活用いただけます。

お問合せ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課都市農業室

担当者:都市農業第2班
代表:03-3502-8111(内線5445)
ダイヤルイン:03-3502-5948
FAX番号:03-3595-6340

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader