このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

高収益な農業の実現に向けた取組事例集

この事例集は、土地改良事業の実施を契機として、高収益作物への転換、大規模経営への発展や生産物を活かした6次産業化などを通じて、所得や販売額を向上させた事例を紹介し、高収益農業の実現に向けた取組の横展開を図るものです。このような取組は、全国で数多く行われておりますので、引き続き、地区事例の取りまとめを行い、農林水産省ホームページにて公表していくこととしております。

高収益な農業の実現に向けた取組事例集(平成28年12月)

高収益な農業に取り組む現場から学ぶ(PDF : 3,593KB)
分割版1(PDF : 2,201KB)分割版2(PDF : 1,785KB)

【野菜】 を主な作物とする地区
北海道洞爺湖町 「クリーン農業」の実践を通じた農産物のブランド化
北海道共和町 「メロン」・「スイカ」の長期安定出荷とブランド力の向上
岩手県奥州市 魅力ある里づくりを支える新たな地域産品(トマト)の生産
秋田県大仙市 園芸農業への転換を通じたコメ依存の経営からの脱却
茨城県坂東市 安定的な経営の実現に向けた販路拡大への挑戦
千葉県銚子市 安定した水供給と畑地かんがいで「灯台印」キャベツの安定生産
静岡県森町 水田3倍活用と行列ができるとうもろこしによる稼げる農業
石川県金沢市 加工・流通体制の強化による「五郎島金時」ブランドの形成
滋賀県近江八幡市 「大中すいか」の直売による高収益農業の実践
京都府亀岡市 水田の活用により「京都大納言小豆」の更なる生産拡大へ
徳島県阿波市 若手農業者が先導する新規作物の導入と産地づくり
長崎県諫早市 「いさはやポテト元気くん」の産地強化と低コスト化の推進
大分県竹田市 畑地かんがいによる「赤採りトマト」の産地ブランド化
鹿児島県西之表市 「ばれいしょ」からより収益性の高い「安納芋」等へ営農転換
【水稲】を主な作物とする地区
宮城県登米市 担い手法人の活躍による次世代への農地継承
岐阜県海津市 大区画化による大規模水田経営で国際競争を勝ち抜く
【果樹】を主な作物とする地区
島根県浜田市 遊休農地の活用による先進農業拠点の形成と企業参入
岡山県新見市 「新見A級グルメ」を代表するピオーネの産地づくり
高知県三原村 水田の畑地化による「ゆず」の作付を軸とした村づくり
【牧草】を主な作物とする地区
北海道別海町 大規模酪農地帯におけるさらなる規模拡大を目指す

お問合せ先

農村振興局整備部設計課

担当者:小谷、末永
代表:03-3502-8111(内線5563)
ダイヤルイン:03-3502-8695
FAX番号:03-5511-8251

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader