このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

Q&A

  • 印刷

主婦イラスト水不足による取水制限や断水が毎年のように繰り返されています。

毎日の暮らしや学校、会社、病院など都市活動で使う生活用水が不足しがちな近頃、

農業用水についてもさまざまな疑問が寄せられています。

たとえば・・・・・・・・・

 

 

Q.農業用水は、生活用水などとは異なる特徴を持っていると聞きましたが・・・?

降雨の有効利用農業用水は降雨を有効に利用し、不足分だけを取水しています。また、消費されるのは、蒸発散分だけで取水量全体の約2割に過ぎません。大部分は使用後川へ戻ったり、地下水になったりして下流で再利用されることとなります。

また農業用水は、かんがいのために利用されるのはもちろんですが、農機具や作物などの洗浄、防火や消流雪、親水空間や景観の形成、水路に流入する生活雑排水の希釈といった、生活に密着した「地域の水」としても活用されています。

 

Q.農村の都市化が進み、農地が減ってきています。
      なぜ、農業用水の必要水量は減らないのですか?

農村の都市化確かに農地は減っています。しかし、宅地化は虫食い的(スプロール的)に広がることが多く、残存農地に適切に水が届くようにするためには、今まで通りに用水路の水位を保つ必要があります。また、水田のほ場整備による排水改良などにより、単位面積当たりの必要水量は増加の傾向にあります。

このような理由で、農地の減少は直ちに必要水量の減少につながりませんが、農業用水路をパイプライン化するなどにより余剰水を顕在化させて、農業用水を都市用水へ転用する事業も行われています。

 

Q.慣行水利権による農業用水は、必要以上に取水されていませんか?

慣行水利権による農業用水慣行水利権による農業用水は、長年にわたる幾多の水争いや話し合いを経て、地域で形成された取水ルール(ぎりぎりの水配分)に基づき、合理的に取水されています。

なお、許可水利権への切替が進んだ現在では、慣行水利権として残っているのは、河川への還元性の高い中上流部に位置する地区で、取水量の少ない小規模なものが大部分となっています。

 

Q.水不足の時に、農業用水の一部を生活用水に当てていただけませんか?

水不足のときには…農業用水の不足は、農家にとっても死活問題ですが、水不足の時は番水(時間や順番を決めて配水する方法)などで節水につとめ、上水道への協力を行っています。

しかし、これらの作業が農家の方々には、大変な苦労と負担になることを忘れてはなりません。

 

 

 

 

主婦イラスト「学んでみよう!」・・・・・・・・・など、疑問も多いようです。
水への関心が高まっている時代。農業用水についてより広く、深く学んでみたいと思います。
自然界の驚くべき働きや力、知恵と努力で「農業用水」と取り組んできた、農家の長い歴史の積み重ねが見えてきます。

お問い合わせ先

農村振興局整備部水資源課 
ダイヤルイン:03-3592-6810
FAX:03-5511-8252