このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

市民農園を利用するには

  • 印刷

1.まず最初に、どのような市民農園を利用するかを選択されると思いますが、

[1] ネットで探す。
全国市民農園リスト(この他リンク集にも掲載されています。)

[2] 地元の広報誌や掲示板等で探す。

注:応募資格が地域住民に限定される場合もあります。

2.開設者に問い合わせる。

(開設者によって募集期間や募集方法等が異なりますので、詳細は直接開設者にお問い合わせください。)

3.応募する。

4.開設者と利用契約を結ぶ。

5.契約終了後、利用開始!

よくある質問

Q1  利用者の募集はいつ頃あるのでしょうか。

A  市民農園の利用開始は一般的には3~4月頃ですので、利用者の募集は少し前の1~3月の間に行われることが多いようです。

 

Q2  利用の条件はどのようになるのでしょうか。

A  利用の条件は、開設者との間の利用契約によって決まることになりますが、参考までにこれまでの実態でみると次のようになっています。

[1] 利用面積は、一区画当たり50平方メートル未満のものが約8割、50平方メートル以上1000平方メートル未満のものが約2割となっています。

[2] 利用期間は、2年未満のものが約6割、2年以上5年未満のものが約4割となっています。

[3] 利用料(日帰り型)は農園の施設の設置状況などにより異なりますが、有料の農園で、年間5千円未満のものが約5割、5千円~1万円未満のものが約3割となっています。なお、無料の農園もあります。

 

Q3  利用する場合にはどのようなことに注意したらよいでしょうか。

A  利用に当たっては、雑草を繁茂させないよう、また、農薬の使用に当たっても人畜に危険を及ぼさないように適切に利用する必要があります。
雑草を繁茂させるなど農園を全く利用しない場合には、開設主体が利用契約を一方的に解除してよいことになっている場合もありますので注意して下さい。

 

 

Q4  野菜を全く作ったことがないのですが大丈夫でしょうか。

A  市民農園の利用については、利用者自らが栽培管理をすることが原則ですが、野菜の栽培方法等について指導を希望する場合に、開設主体などから指導を受けることのできる農園もあります。また、作付の手引きを出しているところもあります。

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課都市農業室
担当者:都市農業第2班
代表:03-3502-8111(内線5448)
ダイヤルイン:03-3502-0033
FAX:03-6744-0571

当ホームページに関するお問い合わせは上記窓口まで、
市民農園に関する国へのお問い合わせは下記窓口までお願いいたします。

・青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県在住の方
 東北農政局農村計画部農村振興課
 代表:022-263-1111(内線4062)

・茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県、長野県、静岡県在住の方
 関東農政局農村計画部農村振興課
 代表:048-600-0600(内線3416)

・新潟県、石川県、富山県、福井県在住の方
 北陸農政局農村計画部農村振興課
 代表:076-263-2161(内線3419)

・岐阜県、愛知県、三重県在住の方
 東海農政局農村計画部農村振興課
 代表:052-201-7271(内線2519)

・滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県在住の方
 近畿農政局農村計画部農村振興課
 代表:075-451-9161(内線2421)

・鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県在住の方
 中国四国農政局農村計画部農村振興課
 代表:086-224-4511(内線2526)

・福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県在住の方
 九州農政局農村計画部農村振興課
 代表:096-211-9111(内線4626)

・沖縄県在住の方
 内閣府沖縄総合事務局農林水産部土地改良課
 代表:098-866-0031(内線83336)