このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

その他の機能

  • 印刷

医療・介護・福祉

緑豊かな農村で、土や自然に触れ農作業を行うことは、高齢者や障がい者の機能回復などに役立っています。

医療・介護・福祉の取組

「農・福・商・官連携」自己完結型農業から解放連携型農業へ(岡山県高梁市 ワークネットうかん)(PDF : 288KB)

農業、福祉、商業、官で協力する協定を結び就労継続支援A型事業所を設立し、地元農家から田畑を借り、利用者が農家の助言を仰ぎながら、商業部門の要望に基づき、計画的に作物を栽培、出荷しています。農作業全てをひとりの生産者が行う「自己完結型農業」から、障がい者と農家のお互いの得意分野を活かした「解放連携型農業」に変えていくことで、障がい者の自立や安定雇用、耕作放棄の抑制等につながっています。

教わりながらの農作業

苗の植え付け作業

野菜畑

障がい者が農家の持つ技術や知識を教わりながら様々な農作業に取り組んでいる

 

障がいや高齢者など多様な人々が従事する「ユニバーサル農業」に取組(静岡県浜松市 京丸園(株)) (PDF : 352KB)

障がい者や高齢者など多様な人々が共同で助け合いながら参画できる「ユニバーサル農業」に取り組み、高付加価値商品を生産しています。

ちんげんさいの収穫作業

掃除機での虫の捕獲作業

ちんげんさいの収穫作業

掃除機での虫の捕獲作業

 

「農」をベースにした多様な人との交流、園芸療法、環境教育等の推進(長崎県長崎市 NPO法人長崎さんさん21)(PDF : 551KB)

休耕地解消を目的として開園した「ふれ愛農園」は、高齢者・子ども・地域住民が、野菜や果樹を育てることを通じて交流を深めるだけでなく、高齢者の方々が元気や生きがいを感じる園芸療法等のプログラムにも取り組んでいます。

ふれあい農園の様子

ふれ愛農園での交流の様子

ふれ愛農園での交流活動

一つ前のページに戻る

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部地域振興課日本型直接支払室
担当者:多面的機能班
代表:03-3502-8111(内線5608)
ダイヤルイン:03-6744-2081
FAX:03-6744-8543

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader