このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

気候緩和機能

  • 印刷

暑さをやわらげる   

田の水面からの水分の蒸発や、作物の蒸散により、空気が冷やされます。この冷涼な空気は周辺市街地の気温上昇を抑える効果もあります。

気候緩和図 

調査結果(土地利用の変化による気温変化予測)

下の図は、埼玉県春日部市を例に、土地利用の変化による気温分布の変化を予測した結果です。

この地域では、40年前と比べて水田地帯が40%減少しています。8月の平均的な日(2004年8月3日)における気象条件をもとに、(ア)40年前、(イ)現況、(ウ)水田をすべて宅地化に置き換えた状態の3ケースについて、気温の予測計算を行っています。

その結果、解析範囲全体の平均気温(21時)は、(ア)40年前は27.4℃、(イ)現況は28.0℃、(ウ)水田を全て宅地に置き換えた状態は28.4℃と計算されました。

 

   (ア)40年前の土地利用

  (イ)現況  

  (ウ)水田を全て宅地化 

40年前の土地利用図 現況図 水田を全て宅地化した図

一つ前のページに戻る


お問い合わせ先

農村振興局農村政策部地域振興課日本型直接支払室
担当者:多面的機能班
代表:03-3502-8111(内線5608)
ダイヤルイン:03-6744-2081
FAX:03-6744-8543