このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

洪水防止機能

  • 印刷

洪水を防ぐ

畦に囲まれた田や耕作された畑の土壌には、雨水を一時的に貯留する働きがあり、洪水の発生を防止する役割を果たしています。

洪水防止図

 

洪水を防ぐ取組

「田んぼダム」による洪水防止~水害に強い地域づくりを目指して~(新潟県(農地部))(PDF : 366KB)

新潟県は低平地が多く、以前から大雨が降ると洪水などの被害を受けることが多かったため、水田の洪水防止機能を強化するために県内15市村で「田んぼダム」の取組を行っています。

洪水を防止・軽減する水田

洪水を防止・軽減する水田

 

「田んぼダム」とは・・

排水口に排水管より小さな穴の開いた調整板を設置し、水の流出を抑制することでダムの役割を果たす田んぼのことです。多くの田んぼで取組むことで、大雨の時に水田内に水を貯留させ下流域の洪水を軽減させる効果があります。

田んぼダム_調整板

排水口より小さな穴の開いた調整板を設置

調整板設置の有無

調整板が無い場合

調整板を設置した場合

一つ前のページに戻る

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部地域振興課日本型直接支払室
担当者:多面的機能班
代表:03-3502-8111(内線5608)
ダイヤルイン:03-6744-2081
FAX:03-6744-8543

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader