このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

10.地下水盆と琉球石灰岩:沖縄県宮古島市

  • 印刷
平成09年1月5日更新

担当:農村振興局農村環境課

全景

全景

全景(福里地下ダム)

地質図

平面図

「出典;宮古-事業誌-」

宮古島の地層構成と地下水盆

地下水盆とは、大規模な帯水層(地下水を含む地層)もしくはいくつか帯水層を包括した、地下水をためる容れ物(器)の単位です。
宮古島は平均標高60m前後の平坦な島です。透水性のよい第四紀更新世にできた琉球石灰岩が広く分布し、良好な帯水層となっています。その下位には新第三紀鮮新世から第四紀更新世初期に堆積した島尻層群(泥岩を主として砂岩層を挟む)があり、難透水性基盤となっています。島の南部では、北西-南東方向の地形的な高まりが数条見られ、多くはその西側斜面が緩く東側斜面が急な非対称な横断面形状となっています。この特徴的な地形は断層によるもので、落差の大きなものは数10m程度にもなります。
また島の南東部では、地表面と同様に、複数の平行な断層により難透水性基盤上面の起伏が生じて地下水盆の境界を形成し、それぞれの地下水盆も北西から南東に伸びた形となっています。地下に浸透した水は、空隙の多い琉球石灰岩を通り、流域ごとに難透水性基盤である島尻層群上を南東に向かって流れて、断層付近や海岸の崖下から湧水しています。
宮古島では、大規模な河川が存在しない一方、地下には幾つかの地下水盆が存在しており、その地下水盆を、水を通さない遮水壁をつくって閉め切ることによって、地下水を貯留する地下ダムを造り、農業用の水源として利用しています。

形成過程

宮古島の地下水盆と地下ダム位置図

当地域の農業農村整備事業と地質遺産

宮古島の農業は主にさとうきびを基幹として、葉たばこ、野菜、桑等が栽培されています。表土である琉球石灰岩の風化土壌(島尻マージ)は、層が薄く、保水力も乏しいため、降水量が少ない時には農作物に干ばつの被害がしばしば発生していました。そのため干ばつ被害の軽減を図ることを目的に、宮古島の旧1市2町1村(旧平良市、旧城辺町、旧下地町、旧上野村)にまたがる8,400haの農地を対象とした国営宮古土地改良事業が実施されてきました。
本事業では、昭和62年度から平成12年度にかけて国内で初となる大規模な農業用水源開発を目的とした地下ダム(砂川地下ダム、福里地下ダム)が築造されるとともに、揚水機、用水路等のかんがい施設が整備されました(地下ダムは公団営事業で実施)。地下ダムは、地上部に河川がなくてもよく、貯留後も地上部の利用が可能であり、蒸発によるロスが少ないなどの利点があります。地下ダムによって農業用水の安定供給が実現しました。また本事業と併行した関連事業により、散水施設の整備、ほ場及び農道等の整備が行われ、農業経営の安定化が図られています。宮古島市地下ダム資料館では、大型地下ダムの建設技術や構造、地下水のメカニズムを知ることができます。

事業概要図

 

地下ダムとは

地下ダムは地質構造を生かし築造される貯水池と貯えた地下水をくみ上げる取水施設等で構成されており、地表ダムと比べ次のような特徴があります。

  • 地下ダムの堤体は地層中に築造されるため薄い壁体であっても水圧に耐えて自立可能です。
  • 水没地がなく、現況の土地利用を妨げず貯水が可能です。
  • 人命に係るような災害発生の恐れがありません。
  • 年間の水温が安定しています。

 

地下ダム

 

地下ダム施設及び資料館

地下ダム

福里地下ダム水位観測施設

宮古島市地下ダム資料館:入館(有料)、駐車場あり(無料)
福里地下ダム水位観測施設:資料館入り口付近(無料)

位置図

位置図

所在地・アクセス

沖縄県宮古島市城辺字福里

宮古空港から県道78号線で福里地区へ車で25分、福里バス停(東平安名崎向け)50m先を右折し、施設案内標識に従い進むこと約5分

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部農村環境課 
担当者:土地・水保全班
ダイヤルイン:03-3502-6079
FAX:03-3502-7587