このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

農村アメニティ・コンクール

  • 印刷

このページは、平成16年度まで行われていた。「農村アメニティ・コンクール」の記録ページです。

農村アメニティ・コンクールとは?

趣旨

  • 農山漁村は、重要な居住空間としての役割を担い、また、都市住民を含めた国民のふるさとの場としての機能が期待されていますが、農山漁村がこれらの機能を十全に発揮するためには、農山漁村特有の美しく緑豊かな自然環境や景観、歴史、風土等を基盤とし、ゆとりと潤いとやすらぎに満ちた居住快適性(以下「農村アメニティ」という。)の確保に配慮した農村振興を進める必要があります。このため、農村アメニティが地域住民の自主的努力を通じて保全・形成されている優良事例について表彰を行うとともに、あわせてこれら優良事例の普及を図ることにより、農山漁村の振興並びに都市と農山漁村の共生・対流の促進に資するものです。

コンテストの経緯

  • 当コンクールは、昭和61年度より国土庁(農村整備課)及び(財)農村開発企画委員会の共催により開催されてきましたが、平成13年の省庁再編に伴い、当省農村政策課にその業務が移管されたものです。
    なお、平成16年度(通算19回目)を最後に本表彰事業は終了し、平成17年度から景観法の制定を踏まえて、地域の自主的努力により保全・形成されている景観への優れた活動事例を表彰する「美の里(びのさと)づくりコンクール」に移行しました。

実施主体

  • 主催

農林水産省

都市と農山漁村の共生・対流推進会議(オーライ!ニッポン会議)

(財)農村開発企画委員会

受賞地区

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部都市農村交流課 
担当者:活性化企画班
代表:03-3502-8111(内線5451)
ダイヤルイン:03-3502-5946
FAX:03-3506-1934

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。

Get Adobe Reader