このページの本文へ移動

農林水産省

メニュー

平成9年度天皇杯  南波多町農業振興協議会(佐賀県伊万里市南波多町井出野)

  • 印刷

特色

1.むらづくりの背景・動機

南波多町農業振興協議会のある伊万里市南波多地区は、佐賀県の西部、 伊万里湾の内陸部に位置する旧南波多村(14集落)で、果樹、畜産(和牛肥育)、 水稲を組み合わせた山麓複合農業が経営されている。

昭和30年代半ば、山麓地帯の零細な農業が営まれ、炭焼き、 紙すき等の副業や出稼ぎで生計が立てられ、高度経済成長期の労働力流出により、 むらの活気もなくなっていく頃、南波多農協が中心となり、 「魅力ある山麓農村の建設」を目指した30年目標の長期ビジョン(第1期長期農業振興計画)を昭和35年に策定したことをきっかけに、 数々のむらづくりのための取組みが行われてきた。

この取組みの中心的な組織が、「南波多町農業振興協議会」であり、南波多農協等各種団体、 学校等と連携しながら、活発な活動が展開されている。

2.むらづくりの内容

(1)農業生産

  1. 昭和45年以降、基盤整備に着手し、地区水田の78%にあたる 267haのほ場整備、 山林原野の開発による13集団126haの梨園の造成、 干ばつ常襲田の畑転換によるブドウ園12haの造成がなされ、 生産性の高い大規模果樹団地が形成された。
  2. 水稲では、2つの生産組合が組織され、生産から販売まで組合が一貫経営を行い、 収益を各農家の水田所有面積割りで配分する協業経営に取組み、 梨や肥育牛農家の規模拡大に貢献している。
  3. 梨は、造成園と在来園と合わせて210haで栽培され、 大型機械の導入やハウス栽培により、早期出荷の出来る糖度の高い高品質生産が可能となり、 全国の市場から高い評価を受けている。
  4. 肥育牛は、果樹園の土づくり対策として規模拡大され、独自の配合飼料により、 徹底した肉質改善に取り組み、全国トップレベルの高品質牛としての銘柄を確立した。
  5. また、新たな農業振興として、「ふるさと村」(道の駅)を開設し、 「都市と農村の交流、生産者と消費者のふれあい」の場として、都市住民との交流を推進している。

 

(2)農村生活

  1. 農協及び女性部が、町内の小学生を対象に、 毎月第4土曜日に農業体験学校「ちゃぐりんスクール」を開設し、子供達に、土との親しみ、 農業の大切さ・楽しさを教え、農業への関心を高めている。
  2. 地区の高齢者が中心となって、「京の峰塾」を平成6年から開設。 郷土の歴史や自然を学び、新たな地域文化の創造を図っている。
  3. 女性部が平成2年から「花いっぱい運動」に取組み、コスモスや菜の花・ひまわり等を植え、 四季を通じて花が咲き、農村景観に彩りを添えている。また、独居老人に対して年6回、 弁当を配布する活動を行い、老人から喜ばれている。
  4. 女性が中心となった生活環境改善の取組みが契機となって、 伊万里市では初めての集落排水施設整備が地区の3集落で実施されている。

 

集団梨園
山林原野の開発による整備された集団梨園
隣地所有者、耕作希望者の徹底した話し合いで複雑な土地利用調整が図られた。梨園は現在、13集団、126haが造成されている。
「梨ワイン」と「佐賀牛」
特産の梨を原料に使った「梨ワイン」と「佐賀牛」
豊水
特産の豊水
平成2年、「伊万里っ娘   豊水」と命名。西日本一の銘柄産地品目に成長する。
大野岳
町のシンボル「大野岳」
自然公園として、町民のレクリエーションの場として親しまれている。「花いっぱい運動」で播かれた一面の「菜の花」が道行く人を楽しませる。
ふるさと村
都市との交流の拠点「ふるさと村」
農産物の直販、農産加工、ふれあい農園、陶芸教室、イベントなど、地域住民と消費者との交流が積極的に行われている。
ふれあい農園
ふれあい農園
「ふるさと村」に隣接し、43区画(1区画140m2)の貸し農園を市民や都市住民に提供。近隣の農家が指導にあたる。
伊万里っ娘豊水 ロードレース大会
伊万里っ娘豊水   ロードレース大会
毎年12月に恒例となったレース大会には、町内はもちろん県内から600人が参加。
中国・東南アジアからの研修生
中国・東南アジアからの研修生の受け入れも盛ん。
ちゃぐりんスクール
ちゃぐりんスクール
町内在住の小学生を対象とした農業体験学校「ちゃぐりんスクール」には、30人が参加農作業体験を通じ農業の大切さを学ぶ。
 

お問い合わせ先

農村振興局農村政策部農村計画課 
ダイヤルイン:03-3502-6001
FAX:03-3501-9580